小林剛、充実のツモと点棒!! セミファイナル進出にむけ、貴重な勝利を獲得!!

小林剛、
充実のツモと点棒!!
セミファイナル進出にむけ、
貴重な勝利を獲得!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の80日目第2戦は、小林剛(U-NEXTPirates)がトップを獲得。

開局にハネマンのツモを決めた小林が、要所要所で2番手の前原を叩いて終始1位をキープして7勝目を獲得。パイレーツはトータルプラスとなり、セミファイナル争いの天王山を制した。

2回戦の対局者は、TEAM雷電黒沢咲KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大EX風林火山勝又健志、そして小林。

開局、南家の小林は11巡目にタンヤオ・ドラ3・赤1の手をテンパイ。ヤミテンに構えて3巡後にツモアガリ。3000・6000でまずは一歩リード。

東4局2本場、現状2番手の前原が先制リーチ。ドラが1枚ののシャンポン待ち。そして3巡後に小林が追いつく。タンヤオピンフ・赤2・高めイーペーコーという大物手。そして小林、この手をリーチ・一発で前原から高めを仕留める。会心の12000でトップ目をひた走る。

南2局には、前原のリーチに食い仕掛けを入れてタンヤオ・ドラ1・赤1で返り討ちに。5800を追加してもはや盤石の域に。

最後は前原が2着浮上となるアガリを決めて、試合終了。小林が土壇場でパイレーツをプラスに引き揚げる7勝目をあげた。

勝利者インタビューで小林は「プラスになって良かったな、という感じです。ツモが充実してましたね。めくり合いになったとき危険牌を持ってこなくて、ラッキーだなと思いました。ツモと配牌が良かったですね(笑)。全チーム緊張感がすごいんですが、僕は鈍感な方なのであまり気にしてませんがと語った。

【Result】
1着 小林剛・パイレーツ 5万3600点/+73.6
2着 前原雄大麻雀格闘倶楽部 2万3600点/+3.6
3着 黒沢咲・雷電 2万1100点/▲18.9
4着 勝又健志・風林火山 1700点/▲58.3

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +388.6(80/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +185.4(80/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +75.8(80/90)
4位 TEAM雷電 +63.4(80/90)
5位 U-NEXT Pirates +43.5(80/90)
6位 渋谷ABEMAS ▲88.1(80/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲192.2(80/90)
8位 EX風林火山 ▲496.4(80/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

2月20日の対戦は
Pirates vs 雷電 vs 麻雀格闘倶楽部 vs 風林火山

キャスト

U-NEXT Pirates
TEAM RAIDEN / 雷電
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
EX風林火山
実況:日吉辰哉
解説:松本吉弘
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券Mリーグ2019 Pirates vs TEAM RAIDEN / 雷電 vs KONAMI麻雀格闘倶楽部 vs EX風林火山

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!