逆風に立ち向かえ!U-NEXT Pirates 瑞原明奈が舵を取ったオーラスの旅路【Mリーグ2021観戦記12/23】担当記者:ゆうせー

逆風に立ち向かえ!

U-NEXT Pirates

瑞原明奈が舵を取った

オーラスの旅路

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2021年12月23日

1戦目

満を持して登場した渋谷ABEMASの総大将、

多井隆晴

東3局の親番、

赤とダブ【東】で打点のもとは十分。欲張り過ぎないようドラ含みのペンチャンを払い、受け入れ枚数のロスを抑えながら進める。

9巡目も、

枚数を重視しつつ、対面瑠美の河から【8ソウ】に照準を絞る。

最後は狙いを定めていた、マンズの上(数字の大きい方)とダブ【東】のシャンポン待ちでファイナルアンサー。

見事な3枚山だ。

これをツモりあげ、リードしていた瑞原をマクってトップ目に立つ。

多井は、

南1局もシャンポンリーチを放ち、

こちらはなんと4枚全山。

予定調和のごとくツモりあげて1000-2000の加点。

さらに南3局の親番では、

前巡に【6マン】を切ってテンパイを外し、好形での組みなおしに成功。リーチ敢行だ。

そりゃ、瑞原も膨れようもの。

追いすがる近藤を振り切って高目をツモ。2600オールで他3者を突き放す。

このようにアガれそうな手は寸分の違いなくきっちりとまとめ、

逆にアガれそうにない手は、手詰まらないようにきっぱりと見切る。メリハリの効いた盤石の打ち回しで、オーラスをトップ目で迎える。

上の局で多井が守備にまわることを決意した要因の一つが、

親番、近藤誠一の第一打【東】であろう。

近藤の麻雀は、参加する局とそうでない局をはっきりと分ける「勝負処麻雀」だ。

その近藤の第一打ダブ【東】は、「手が入っているよ」という他家へのメッセージとなる。

この局は「長引けばアガれそう」裏を返せば「長引かないとアガれなさそう」な手だ。近藤は初手で他家を一歩引かせて、その間に手作りをしようと試みたのではないだろうか。

南場の親番も手が入り、【白】【3ピン】の順に切り出していく。こちらも役牌に次いで、メンツを組むうえで要となる3 7の牌が出てきている。速度を感じさせる河だ。

河からの圧力で東場、南場の親番ともに他家のスタートラインを下げることに成功した近藤。だが、肝心のツモが言うことを聞いてくれない。

親番は東場南場ともにノーテンでの流局となったが、

南3局1本場で待望のアガリを決める。【2ピン】を鳴いてのタンヤオ赤赤ドラ、2100-4100のツモアガリで、近藤はオーラスを2着目で迎えることとなった。

その近藤の上家で苦労したのが、二階堂瑠美だった。

東2局で第一打にダブ【東】を切った近藤は、早々にリャンメンチーから仕掛けてくる。

対して瑠美は、

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!