それいけ!ぼくらの…村上、石橋、黒沢、亜樹 あなたの推しキャラは?【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Mon】

それいけ!ぼくらの…

村上、石橋、黒沢、亜樹

あなたの推しキャラは?

文・梶谷悠介【月曜担当ライター】2018年11月5日

 

突然だが私にはもうすぐ1歳になる息子がいる。

そろそろアンパンマンを観る頃かとテレビで見せているのだが、そういえば自分も最近よく目にしていた。

 

私の場合は卓上のアンパンマンだが。

ちなみに村上プロがアンパンマンだと形容されるのはその容姿だけが理由ではない。

模範のような発声や潔い態度など勝負に対して真摯に取り組む誠実さに加え、子供のために戦う姿がまるで正義の味方のように映るからだろう。

と、ここで少し気になってしまった。

他の選手はアンパンマンの登場キャラに例えると何になるのだろう。

 

石橋プロは申し訳ないがばいきんまんだ。

策を弄して勝とうとする姿はまさにそれ。

実際は長身でイケメンなのだから多少ダークなイメージで悪役くらいやってもらわないと困る。

 

黒沢プロは強気なお嬢様キャラからドキンちゃんをイメージしてしまう。

麻雀も高打点派なので彼女に追っかけられようものならドキドキしてしまうこと間違いなしだ。

 

それでは二階堂亜樹プロは…?

正解は文末に記しておくのでどうか読み進めながら予想してほしい。

第1試合

起家 石橋伸洋(Pirates)

南家 村上淳(ドリブンズ)

西家 二階堂亜樹(風林火山)

北家 黒沢咲 (雷電)

東3局0本場

ゲームが動いたのは東3局だ。

黒沢のいきなりのダブリー。しかもドラのが暗刻である。

この後さらにをカンすることになるのだが、アガリ牌のは他家に全てもたれ純カラになってしまった。

流局して3人はほっとしただろう。

そして次局

東3局1本場

こんなことあるんかいと突っ込みたくなるような、今度は村上によるダブリーである。

前局しぶとくテンパイを入れ、親番を必死に維持した亜樹だったが、まさかの2局連続親番でダブリーを食らうという苦しい展開。

これに猛然と立ち向かったのはドキンちゃんだった。

ドラのが重なり臨戦態勢が整うと押す!押す!

をポンしてのシャンポンテンパイで追いついた。

村上の立場からすればこれほど恐いことはない。ドラのが見えておらずどう見ても高打点だ。

ツモれば三暗刻つきでマックス倍満まである。見ている側もドキドキしてくる。

これに飛び込んだのは村上だった。で跳満の放銃となる。

 

続いて

東4局0本場

親の黒沢、が場に2枚見えているため789の三色を見て打とすると

石橋がこれをの両面チー

カンチャン2つ残りで三色のみのやや苦しいイーシャンテンに見えるが、石橋の隠れた策が光る。

村上、ドラの切りでのテンパイに取ることもできるが打としてまわる。

石橋の仕掛けがタンヤオだった場合、ドラで打つと赤が絡んで痛い放銃になりかねない。ラス目なので勝負にいきたいところだが、

は4枚見えということもあってリスクに見合わないとの判断だ。

赤ありは鳴いた手でも打点があることが多くブラフが効きやすい。

この局は石橋の注文にハマって流局し、全員ノーテンとなった。

南2局2本場

親の石橋が絶好のを引いて先制リーチ

直後村上も追いついたがリーチにいくか悩む。

は現物だが、場には1枚見えている。

これもラス目なのでリーチといきたいところだが、石橋は安牌のがリーチ宣言牌でよほど形がまとまっているとみるべきだろう。ドラも見えておらず、枚数的にも不利な可能性が高い。

リーチ超人は場を見渡し苦渋のダマ選択をした。

まだ…まだここじゃない…

そんな声が聞こえてきそうだった。

リーチ超人と呼ばれているが何でもかんでもリーチするわけじゃない。ヒーローは耐えて反撃の機会を待つ。

石橋一発ツモで4200オールのアガリ。

強いばいきんまん。

南1局3本場

石橋をチーすると

さらにをポンしてバックに構える

見えている役牌からして周りからはほぼ1点では読まれてしまうがそれは百も承知。

アガるよりも流局時のテンパイ料と親の連荘、それともう一つ狙いがある。

亜樹がをチーしてテンパイを入れると

さっとタンヤオ赤1で流してしまう。

石橋の仕掛けがなかったとしても鳴いた可能性は高いが、石橋がテンパイへの速度を見せることで他家に急がせて安く場を流してもらうことを期待していたのである。

そして期待通りの結果になった。ここまで石橋の思惑通りに進んでいる。

南2局0本場

ついに親の村上が反撃に出る。をポンしてホンイツテンパイ。

を切って清一色に向かうか?と思ったが、のくっつきが弱いのと上家がトップ目の石橋で思うように鳴くことが期待できないと考えたのかここはのシャンポンテンパイに取る。

 

これに反応したのはやはり上家の石橋

を止めて打。ピンズ→字牌の切り出しでマンズの染め手と読んでいる。

 

この局は村上が黒沢から5800出アガりとなった。

2着目が放銃したことでさらに石橋が有利になる。

続く

南2局1本場

黒沢、ここから打ち。

カンのテンパイを拒否し一通のテンパイが入ったときに単騎にする予定だ。

強気な姿勢は崩さない。

そして村上にチャンス手が入った。

でチーし親マンのテンパイ。

起死回生の手となるか

 

しかし黒沢が村上の当たり牌である絶好のを暗刻にしてリーチすると

 

村上が一発で放銃

今日のヒーローはここまでだった。

この局は自身も手ごたえを感じたのか表情も少し柔らかくなる。

 

南4局0本場

親番の黒沢、ここで強気が裏目に出たか打としてしまうが、唯一の雀頭候補を崩してしまう。678の三色をみたのかもしれないが、

で2面子を作るためその場合かなり強引な手作りになってしまう。ここはトップを追いかける親番ということもあり素直に打でよかったのではないか。

ファーストテンパイはここまで見せ場がなかった亜樹だった。

しかしとドラののシャンポンテンパイはが場に1枚切れていることもあって嫌っていく。

また平和をつけることで跳満ツモの同点トップが見える。

しかし…なかなか思ったようなテンパイになってくれない。

場には筒子が高くが4枚見え。は使われている可能性が高いと読んで切りでまたもやテンパイ取らず。

次のテンパイはまたもや狙いから逸れるカン

しかしもうテンパイを崩す時間はない。

亜樹は小さな声でリーチと発声した。

同巡石橋が追いつき長考する。

リーチか、ダマか。

 

石橋の決断はリーチだった。

満貫を直撃されると3着まで落ちてしまう。だが仮に亜樹が満貫あるとするとツモられて跳満になってしまうことは十分にありえる。両面なら最後は自分がアガって決めてしまおう。

ここまで策を弄してきた石橋だったが、最後はめくりあいの真っ向勝負にでた。

これに村上が参戦する。

石橋は村上に満貫を放銃すると2着落ちしてしまう。さぞ生きた心地がしなかっただろう。

そして決着のとき…

 

勝ったのは待ちでもっとも劣る亜樹だった。

裏1の跳満となりリーチ棒が出ているため単独トップで終了という最高の結果になった。

逆に悔しいのは石橋。最後の最後は思惑通りにいかなかった。

これで亜樹は3連勝。

いよいよ勢いを増した風林火山は続く滝沢も連続でトップをとり、チームランキングもトップに躍り出ることになった。

え?結局亜樹は何のキャラに例えるのかって?

この笑顔でメロメロにするのだから

メロンパンナちゃんしかないでしょう。

 

第1試合

1位:亜樹(風林火山)+58.1 

2位:石橋(Pirates)+15.1 

3位:黒沢(雷電)▲14.1 

4位:村上(ドリブンズ)▲59.1

 

第2試合

1位:滝沢(風林火山)+52.3 

2位:園田(ドリブンズ)+8.5 

3位:朝倉(Pirates)▲12.5 

4位:瀬戸熊(雷電)▲48.3

梶谷悠介

最高位戦日本プ麻雀協会所属。HNツケマイとして天鳳やブログで一時話題となる。去年パパと麻雀プロに同時なった男。最高位とMリーガーを目指して連続昇級中。

【関連記事】
二階堂亜樹の光と影 “打者一巡”したMリーガーたちの変化 【熱論!Mリーグ】
これが恋なのか… やられても不死鳥の如く蘇る近藤誠一に魅せられて【熱論!Mリーグ】
変幻自在の鳴きで卓上を駆けるマジシャン その名は園田!【熱論!Mリーグ】
卓上のMリーガーも空を切った 豪腕・瀬戸熊直樹の“変化球”【熱論!Mリーグ】
進撃の武田軍! 戦乙女・二階堂亜樹と 軍師・勝又健志が魅せる 風林火山の打ち回し!【熱論!Mリーグ】
俺を止めたいなら 核ミサイルでも落とせ! 佐々木寿人は攻撃をやめない【熱論!Mリーグ】
“踊る!バッシー御殿‼︎”は面白い! 石橋伸洋で楽しむ方法 【熱論!Mリーグ】
Mリーグ初役満を無視して考えた。パブリックビューイングは誰のもの?【熱論!Mリーグ】
死んでいたはずの “麻雀攻めダルマ” 佐々木寿人が目覚めた夜【熱論!Mリーグ】
“ずるごー”は健在だった 小林剛率いる 海賊たちの点棒略奪劇!【熱論!Mリーグ】
Mリーグの魔物がもたらした萩原聖人の変化【熱論!Mリーグ】
近藤誠一徹底分析 「事務局の人」から「卓上の阿修羅」へ【熱論!Mリーグ】
高宮まり、魚谷侑未は “亜樹・黒沢”世代を 超えられるのか【熱論!Mリーグ】
女たちの “2100秒の攻防” Mリーグ女流大戦勃発!【熱論!Mリーグ】
もしも麻雀がなかったら…一途な最速マーメイド 魚谷侑未の覚悟【熱論!Mリーグ】
俺たちの恋人 二階堂亜樹と過ごす史上最長の夜【熱論!Mリーグ】
ブルドーザー・前原、変幻自在・園田 それぞれの持ち味を長考しながら堪能する夜【熱論!Mリーグ】
狙うは白鳥翔の首ひとつ! 渋谷ABEMAS包囲網を敷け!【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹、メンタル崩壊…舞姫を狂わせた近藤誠一の禁じ手【熱論!Mリーグ】
“多井隆晴vs朝倉康心”新旧エース同士の世代闘争勃発!【熱論!Mリーグ】
白鳥は水面下でもがいているからこそ“リア充”に見える【熱論!Mリーグ】
麻雀攻めダルマ・佐々木寿人はこのまま終わってしまうのか【熱論!Mリーグ】
私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】
まさにMリーグインフェルノ! オデが見た開幕戦の舞台裏【熱論!Mリーグ】
身内がMリーガーになった件 二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟【熱論!Mリーグ】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」