その時、魂が震えた。究極のスプリント戦、最後はトルネードツモが一閃!【Mリーグ2022-23観戦記1/26】担当記者:ゆうせー

その時、魂が震えた。
究極のスプリント戦、
最後はトルネードツモが
一閃!

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2023年1月26日

第1試合

東家:瀬戸熊直樹TEAM RAIDEN / 雷電)
南家:魚谷侑未(セガサミーフェニックス)
西家:高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部
北家:勝又健志(EX風林火山)

オーラスを迎えるまで、全7局。そのうち流局は4回を数えた。

最高打点は3900。

息が詰まる、タイトな試合。最後に笑うのは誰か。

南4局。各者、願いとともに配牌を開ける。

親番の勝又、

悪くない。タンヤオを本線にアガリを見据える。

南家の瀬戸熊、

ダブ【南】のトイツこそあれ、他が悪すぎる。

ソウズもマンズもホンイツでいけるように、ここは打【8ピン】

続いては魚谷、

メンツが1つ。数字の並び方もいい。

自風の【西】が思い切りよく飛んでいく。

最後に高宮、

こちらも厳しい。

しかし、テンパイを入れないと着落ちの可能性もある。ここはストレートに打【西】とした。

4巡目を迎える段階で手が伸びたのは、

瀬戸熊だった。

【4ソウ】【4ピン】と引いて345の三色が狙えるリャンシャンテンに。

4人のうち、イーシャンテンに一番乗りしたのは、

魚谷であった。

引いたのは絶好の【7マン】

さらに、

次巡【2マン】を引いて目一杯に。

直近3戦、悪夢の3連ラスを引いている魚谷。7位のフェニックスと自分自身を押し上げることが出来るか。

7巡目に入った。

勝又はこの形。

スッと切っているが、打【9ピン】はイーシャンテンからリャンシャンテンへと戻す選択だ。

役無し愚形で目一杯に構えることはしない。受け駒を残しつつ、タンヤオでの役アリテンパイを目指す。

瀬戸熊は、

待望のドラを引き入れた!

穴ぼこだらけだった配牌とは、まるで別の手だ。

ダブ【南】赤ドラの満貫なら、高宮や勝又からの出アガリ、もしくはツモで2着となる。【南】ポンもある構えだ。345三色でのハネマンとの両睨み。

魚谷は、

ツモ切りが続く。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \ほぼ毎日4コマ 最新④巻 好評発売中!/