黒沢咲、岡田紗佳とのデッドヒートを制す!! 2勝目を手にして 雷電、下位戦線離脱なるか!?【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

黒沢咲、岡田紗佳との

デッドヒートを制す!!

2勝目を手にして、雷電

下位戦線離脱なるか!?

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の69日目、第1戦は黒沢咲TEAM RAIDEN / 雷電)が、トップを獲得。親マンガンをツモアガった黒沢を、岡田がハネマンツモで逆転。二人のマッチレースは、ラス前のリーチ合戦を制した黒沢に軍配が上がった。

第1戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まり、そして黒沢の4名。

東1局、親の黒沢が7巡目リーチをかけて【赤5ソウ】を一発ツモ。ピンフの4000オールでまずは先制打を決める。

同1本場、南家の二階堂が喰い仕掛けを入れる。タンヤオ・高め234サンショク・ドラ1の【2ピン】【5ピン】待ち。そこに攻め込んだのが西家の岡田。12巡目にリーチをかけて、こちらは【赤5マン】を一発ツモ。ドラ1・赤2・ウラ1の3000・6000。黒沢を逆転する。

以後、黒沢と岡田のデッドヒートなり、岡田のリードで南3局を迎える。岡田の先制リーチに、黒沢が追いかけて見事に討ち取る。ピンフタンヤオイーペーコー・赤1。8000点の直撃で黒沢が逆転。

オーラス1本場は黒沢が【白】のみの300・500をツモアガって、試合終了。黒沢が待望の2勝目を手にして、雷電発奮のきっかけとなるか。

黒沢咲はインタビューで、

「(新年初トップについて)本当に苦しい中でファンの方がたくさん声をかけてくださって、こんな状況でも勝っては欲しいけども私の麻雀を見られるだけで幸せだから、思い切って行ってきてってたくさんそういう気持ちを受け取っての登板で、めずらしく緊張もしましたし試合中もプレッシャーがかかった中で闘いました」

と語った。

【Result】
1着 黒沢咲・雷電 3万4800点/+54.8
2着 岡田紗佳サクラナイツ 2万4400点/+4.4
3着 二階堂亜樹・風林火山 2万3600点/▲16.4
4着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 1万7200点/▲42.8

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +490.6(60/96)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +366.7(61/96)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +222.4(61/96)
4位 赤坂ドリブンズ +211.6(60/96)
5位 渋谷ABEMAS +20.2(62/96)
6位 EX風林火山 ▲106.8(61/96)
7位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲293.1(63/96)
8位 セガサミーフェニックス ▲400.9(60/96)
9位 BEAST Japanext ▲510.7(60/96)

大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラ ナイツvs麻雀 格闘倶楽部vs雷電

1月22日(月) 19:00 〜 1月23日(火) 00:00

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラ ナイツvs麻雀 格闘倶楽部vs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/