滝沢和典、首位攻防戦を制してトップに立つ!! しびれるオーラス、石橋を降す!!

滝沢和典、
首位攻防戦を制してトップに立つ!!
しびれるオーラス、石橋を降す!!

11月29日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
2回戦は、EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。チームとしては10勝目、EX風林火山はトップで折り返すことができた。

対局者は、U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)、渋谷ABEMAS・松本吉弘(日本プロ麻雀協会)、セガサミーフェニックス・魚谷侑未(日本プロ麻雀連盟)、そして滝沢。

並びは松本・魚谷・滝沢・石橋。

東3局、松本の仕掛けに対して、滝沢が親でリーチ。高めサンショクの手に対して、松本が安目を一発で放銃。12000で滝沢が抜け出す。

東4局1本場、さらに滝沢は・トイトイ・赤1をツモって8000点を上乗せして4万点台に。

南4局2本場、ラス親の石橋がリーチで攻める。滝沢から5800を直撃して、微差ながら石橋がトップ目に立つ。

同4本場、滝沢の4センチの手牌に対して石橋がリーチでかぶせる。2700点差の攻防である。枚数互角のこの勝負、滝沢が3000・6000をツモりあげて再逆転! トップ滝沢・2着石橋で決着した。

滝沢は勝利者インタビューで「(チームメイトから)4万点マイナスしても大丈夫だから、と力強い言葉で送り出してもらえたのが心強かったです。なので降りるか否かの微妙な選択で、攻める気持ちで行けました。」と語った。

【Result】
1着 EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)4万9500点/+69.5
2着 U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)3万600点/+10.6
3着 セガサミーフェニックス・魚谷侑未(日本プロ麻雀連盟)1万1600点/▲28.4
4着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(日本プロ麻雀協会)8300点/▲51.7

【Total】
1位 EX風林火山 +185.9(40/80)
2位 赤坂ドリブンズ +171.9(40/80)
3位 渋谷ABEMAS +74.5(40/80)
4位 TEAM雷電 ▲25.9(38/80)
5位 U-NEXT Pirates ▲49.5(42/80)
6位 セガサミーフェニックス ▲55.9(38/80)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲301.0(42/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ 風林火山vsABEMASvsフェニックスvsPirates