茅森と魚谷“天才”と“最速”の合成は成功するのか⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio

熱論!Mリーグ【Fri】

茅森と魚谷

“天才”と“最速”の

合成は成功するのか⁉︎

文・masasio【金曜担当ライター】2018年11月16日

午前0時。

Mリーグ観戦記ライターが活動を始める時間だ。

Mリーグは夜7時からの放送である。じゃあ7時から見ればいいじゃなかと思うだろうが、

そう簡単な話でもない。

手牌を確認するのにどうしても停止したり巻き戻したりする必要があるのだが、再放送が見られるのが深夜0時からなのである。

コーヒーを淹れて準備万端。

BGMは何にしようか。紅白に初出場するというあいみょんにしようか。

いや、あいみょんは刺激が強すぎる。やはり集中するには無音が一番。

明日も朝から仕事だ。集中して一気に書き上げてしまおう。

ポイント状況はこちら。

本日は1位、3位、5位、6位の対決。

上位争いと下位争いといったところか。

下位陣はボーダーの4位まで少し差が開いてしまっている。

少しでもプラスして離されないようにしたい。

対戦相手はこちら

5位セガサミーフェニックスは11月に入って4戦2勝、ラス無しの好調茅森が先発。

試合前にはツモ力をよくするために腕立て伏せをしているという茅森。

今日はチームメイト魚谷を背中に乗せて鍛えたそうだ。

筋力とツモの関係は諸説あるが、良い流れで試合に入れそうだ。

6位麻雀格闘倶楽部は先日バースデートップを取った高宮が先発。

チーム自体も最下位を脱出して連対を続けており勢いに乗っている。

上位2チームが好調な女性陣をどう抑えるかが見ものだ。

 

1局茅森

茅森は「天才」と呼ばれていて長い間第一線で活躍しているプロだ。

どの辺が天才なのかといわれるとなかなか難しいところだが、一つには字牌の扱いに特徴があると思う。

この手から切り。

手の中は中張牌が多く、ある程度形も決まっている。

最近の流行だと第1打にを切ってしまいそうなものだが、温存した。

おそらくだけなら切ったかもしれないが、

もう1枚ドラのが浮いている。

この2枚が不安定で切りたくないということだろう。

少し進んで

切り。

先ほどは何となく嫌だなーくらいの感じだっただろうが、今回ははっきり字牌を絞っている。

親の滝沢の河が

となっており、手出しが多い。

はターツ落としだ。

もちろんこの河だけで読めるわけではないのだが、

ダブとドラのはちょっと切りにくい。

滝沢はこの手

こそ無かったが、

ダブと役牌のがトイツのチャンス手。

茅森の手が進んでは鳴くことができたが、テンパイどまり。

このは配牌からトイツだったので、早々に茅森が切っていたらどうなっていたか分からない。

茅森の特徴がよく出た1局に思う。

続く1本場も

当然役牌を切らず重なりを見ていく。

しかし同2本場

ここからはノータイムでドラの切り。

形としては345の三色に決めてあたりを先切りしておきたいところだが、ここはめいっぱいに構えた。

がチー出来てテンパイまでいくも高宮のアガリとなった。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!