「リーチしてごめんなさい」孤高の天才雀士・茅森が垣間見せたチーム愛【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Fri】

「リーチしてごめんなさい」

孤高の天才雀士・茅森が

垣間見せたチーム愛

文・masasio【金曜担当ライター】2019年1月18日

 

突然だが、皆様のお手元にはもう届いただろうか?

 

Mリーグオフィシャルサポーターの入会特典のタオルと会員証だ。

Mリーグの対局自体はもう終盤戦だが、こういった観戦グッズが届くと、応援にも一層力が入るというものだ。

タオルも会員証もかなりかっこいい仕上がりになっている。

おそらく全国のマージャン店でポイントカードの代わりにこの会員証を出すお客さんが後を絶たないだろう。

店員の方々は、「ああまたか・・・」と思うだろうが、温かい笑顔で突っ込んであげてほしい。

かくいう私は早速TSUTAYAで会員証の代わりに出してみたが、怪訝そうに突っ返されてしまった。

もっともっとMリーグの認知度を上げていかなければと思う今日この頃である。

さて応援にも力が入ったところで、対局を見ていこう。

今回は2回戦の模様をお伝えしたいと思う。

1回戦目を終えて、ポイント状況はこちら。

今日はボーダー付近の争い。

1回戦トップの麻雀格闘倶楽部が4着のアベマズを逆転して4位に上がっている。

最下位フェニックスは少し離れてしまっているのでなんとしてもトップが欲しいところだ。

 

組み合わせはこちら。

1回戦トップの寿人、3着の茅森が連闘。

瀬戸熊は昨日の対局で見事な逆転トップ。

松本も前回、前々回と連勝。アベマズの中で一人気を吐いている。

一方の茅森、1回戦はもやっとした3着。

前回トップで気分の良い3人を相手にどう戦うか注目だ。

 

東1局

茅森の配牌がこちら

形は良くないが、役牌のがトイツ。

を切ってピンズのホンイツに向かう。

このような手から役牌ポンの1000点2000点を狙うのは、守備力が損なわれる割に見返りが少ない。

茅森のようにホンイツを目指すのが良いだろう。

目論見通りがポンできたが1枚もピンズ、字牌を引いてこない。

そうこうしているうちに

松本

 

赤赤のイーシャンテン!

 瀬戸熊

ドラドラで567の三色が見える。

この二人が襲い掛かる。

全員手が進まない中、11巡目の松本

 

仕掛けている茅森の捨て牌がこちら。

()内はツモ切り

をポンしてからずーっとツモ切り。

マンズ、ソーズの切り出しなのでピンズのホンイツが匂う捨て牌だ。

怖いところだが松本はこの手からドラのを切っていった。

これはおそらく茅森がノーテンだと読んでのことだろう。

この捨て牌でテンパイだということは、第1ツモをツモった時点で

のような手だったということになる。

さすがにその可能性はかなり低いので、それなら自分の手をまっすぐに進めたほうが良い。

松本の目からはピンズの真ん中が多数見えており、ピンズでメンツを作るのが難しそうだというのもあっただろう。

また、もしがトイツで役牌のがトイツならソーズのカンチャンを嫌ってホンイツに向かうのか?という事情もある。

松本の観察力と踏み込みが光る。

そしてこの切りに対応したのが寿人だ。

あまり良くない手で茅森に絞りながら手を進めていたが、松本の切りを見て、完全にベタオリを始めた。

実際のところ松本はイーシャンテンだったのだが、もしダマテンに放銃しても言い訳はできない状況。

寿人といえばその強烈な攻めが取り上げられることが多いが、ダメそうなときの徹底した守備も魅力だ。

結果は全員ノーテンで流局。

茅森としては

「なんでピンズ1枚も引かないの!」

といったところだろうが、流局ならまずまずか。

 

「全員ノーテンに名局あり」

の格言通りの1局だった。

流局を2回挟んで東2局2本場

ドラは

実況の松嶋プロ「東場のドラは行方が気になりますね」

瀬戸熊がらしさ全開の手順を見せる。

中張牌ばかりの手から何を切る?

普通はを切る。

マンズがカンチャンなので、ソーズを引いてタンピン変化を見るのが普通だろう。

イーペーコーもある。

しかし瀬戸熊は打

234か345の三色にするのでマンズは切らないということだろう。

もしを引いたらを切るつもりだったのかもしれない。

その後を引いて

 

ここから

私なら喜んでマンズを切ってしまう。

2巡目のと3巡目のが効いており、を引いてリーチ出来れば、めちゃくちゃアガれそうだ。

しかし、いくらアガリやすくても、リーチタンヤオ。

裏ドラが無ければ2600だ。

東場で点数に大きく動きがなければ、狙える手役は狙っていくということだろう。

結局三色は崩れたがメンタンピンのリーチを打った瀬戸熊。

思わず「雷電の麻雀は・・・」という言葉がよぎってしまうような手順だった。

瀬戸熊のリーチを受けた松本

 

ドラは1枚もないが、親でイーシャンテン。

オリることはできそうだが、親なのでちょっと押したいというところだ。

まっすぐいくならだ。

が3枚見えてワンチャンスでもある。

さらにがフリテンなのでの形は残しておきたい。

しかし松本は打

フリテンのを固定するので一見、気付きにくい1打だが、これがなかなか面白い。

瀬戸熊が2巡目にを切っていて、その後にトイツ落としをしているのではかなり通りそうだ。

一方はワンチャンスとはいえリャンメン待ちで当たってもおかしくはない。

瀬戸熊の序盤の捨て牌が数字の大きい牌が多いので123の三色もちょっと頭をよぎる。(実際瀬戸熊は234、345の三色狙いだった)

をトイツ落とししているので可能性は低いがシャンポンにも当たりうる。

とてもフリテン含み、ドラ無しのイーシャンテンで押せる牌ではないということだ。

松本としては、ほぼオリるつもりだっただろう。

この牌を引く以外は。

 

そう、フリテンのを引いたときだけ、を切って勝負ができる。

テンパイとイーシャンテンは雲泥の差。

リーチ一発目にを切ってこの形でテンパイする人はたくさんいるだろうが、から先に切ってこうなる人は少ないのではないか?

最終形は同じだが、1つの牌の切り順の違いで意味が大きく変わってくる。

是非参考にしたい押し引きだ。

そして瀬戸熊、松本の2軒リーチに割って入ったのが茅森。

手牌は悪かったもののチートイツに照準を絞って、狙い通り字牌を重ねてドラのタンキでリーチ!!

このリーチに飛び込んでしまったのが松本。

裏ドラも乗って倍満の放銃になってしまった。

実況松嶋プロの予言通りの結果になった。

松本はあそこでテンパイしなければ放銃は避けられた可能性が高い。

牌の巡り合わせを恨んだだろう。

茅森トップ目で迎えた南1局

ここまで守備を固めて好位置につけていた寿人が順調に手を進めてリーチ!

 

このリーチを受けてトップ目、茅森

 

高め三色のテンパイ。

安めのだと役無しだが3枚切れている。

さらに下家の瀬戸熊の切り出しに注目だ

先にを切っていて寿人のリーチを受けて現物のをツモ切っている。

その後に手の内から・・・

これは少しトイツ落としの可能性が高くなっている。

ダマにして瀬戸熊からこぼれるのを期待したいところだが・・・

茅森は少考して・・・

「リーチ!」

そう。茅森は悩んだらリーチだ。

相手は少し離れてはいるが2着目の寿人。

ここで勝てば大きい

特に麻雀格闘倶楽部は現在ファイナルステージ進出ボーダーの4位。

出来ればここ、つまり寿人にラスを引いてほしい。

そんなチーム事情も頭をよぎったかもしれない。

しかし結果は無情にも茅森がをつかみ寿人に8000の放銃。

茅森もリスクは承知。

しっかり攻めたうえでの放銃なので本人もまったく悔いはないだろう。

この放銃で2着目寿人と急接近。

オーラスも寿人からリーチが掛かり万事休すが、松本の4着から3着に上がる会心のアガリにも助けられかろうじて逃げ切った。

 

インタビューで南2局の追いかけリーチについて聞かれた茅森。

「強気のリーチでした」

と語り、悔いはなかったと思いきや、

「(放銃して)リーチしてごめんなさいと思ってました」

と思いっきり後悔していたことを明かしてくれた。

そして笑顔で

「ファイナルステージ進出に向けて頑張ります!」

と抱負を語ってくれた。

私がフェニックスサポーターであることを差し引いても、最下位のチームが頑張ってくれた方がMリーグ全体も盛り上がるだろう。

残り試合は少ないが、これからも茅森の攻めの姿勢に注目したい。

 

本日2戦を終えてのポイントがこちら。

フェニックスはポイントを伸ばしたが、麻雀格闘倶楽部がそれ以上に勝ったため4位のボーダーは上がっている。

そう思うと、寿人のリーチに追いかけた茅森の選択も、寿人をたたくという意味で悪くなかったのではないかと思えてくる。

一方のアベマズはまたしても6位に逆戻り。

白鳥の絶不調が痛い。

残り試合が少なくなってくると、下位チームはどうしても、リスクを取ってでもリターンを追求する選択が多くなってくるだろう。

残り20戦を切ったMリーグ。

これからが本番だ!!

 

masasio
天鳳8段、元雀荘のメンバー。ライター初挑戦のニューフェイス。Twitter→こちら 

(C)AbemaTV