“ロボ・小林vsセレブ・黒沢”Mリーグの気まぐれが生んだ迷勝負【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO

熱論!Mリーグ【Tue】

“ロボ・小林vs

セレブ・黒沢”

Mリーグの気まぐれが

生んだ迷勝負

文・ZERO【火曜担当ライター】2018年11月20日

 

 ツモ

チー ドラ

アガリトップのオーラス。あなたならここから何を切るか?

受け入れの広い打か、

ヘッド固定の打か。しかしこの手牌の持ち主は涼しい顔のまま、を切った。

私はモニターの前で唸った。

は受け入れこそ広いが、が切れないためにタンキ待ちになってしまうツモが多い。

普通に考えたら打だが、実は打の方が1枚受け入れが多いのだ。

端にかかっているがチーしやすいことを考えると、素晴らしい選択だと言える。

しかし打の良さは受け入れだけに留まらず、

ツモやツモときた時に打として、さらに受け入れが広がる「二次変化」が多い点にある。

ここまで考えると微差ではなく、大きな差だ。盲点になりそうな第三の選択。

このを切った打ち手の名は——

 

 

麻将連合唯一のMリーガー、小林剛

 

小林は先の例にあるように、仕掛けたあとの手牌の運用は正確無比。難しい選択を前にしても淡々と正解を導き出すことから、最近では「ロボ」の愛称で親しまれている。

ここのところ下降気味であるパイレーツを立て直すために、リーダーである小林が立ち上がった。

 

一回戦。東家の小林は

この手牌からを切った。ターツの決まっていない手で役牌を残し、ペンを嫌ったのである。この手からまっすぐ字牌を切っても先制リーチは望めなさそう。それならば役牌の重なりを最大限に見る。役牌さえ重なれば他の部分から鳴いていくこともできるのでアガリに大きく近づいていると言える。さらに次に引く、多くの有効牌で打と連続で切ることができるのも大きいだろう。

「最速でテンパイを見る」

のが小林のイメージだと勘違いされているが、

「与えられた手牌で最大限のパフォーマンスを考える」

と言った方が正確だ。

狙い通りを重ねてポンした小林は

この手牌からを切った。上家のをチーしていない点にも注目。

いくら親とはいえ、2段目に差し掛かったところでこの手牌では戦えないと判断したのだろう。安全度が高い上、重なった時に打点が上昇する字牌を残したのだ。決して「最速でテンパイを見る」わけではない。不利とみたらオリるし、遠回りして打点を作ることもある。見ているのはテンパイでもアガリでもなく、勝利…なのだ。

結局小林がを切らなかったことで場が重くなり、全員ノーテンで流局した。

次局、小林は

ここから比較的安全なを切って目いっぱいに構え、すぐに出たをポンした。ここから声の出ない打ち手も多いと思う。好形ばかりでうまくいけばマンガンも見込めるからだ。しかしをツモってしまうとリーチのみになってしまう。つまりこの手を頑張ってもテンパイするころには終盤に差し掛かっており、しかも半分近くがリーチのみ。それならば仕掛けて…という思考だろう。次巡。

小林はこのをツモ切り。最近の麻雀界ではこの先切りがトレンドになってきているように感じる。

のポンを逃すのは痛いが、

それよりもをチーしたときに

と切ってしまっては

自分の待ちが透けてしまい、ひいては危険…というわけだ。

勝又のリーチが入るも、小林は

比較的安全なを持っていたことで流局までオリ切ることができた。

タンヤオの仕掛けは手詰まることが多くて危険だが、こうやってテンパイするまでスリムに構えたり、簡単に手牌を読ませないことによってリスクを最小に抑えているのだ。小林の仕掛けはたしかに安いことが多いが、不思議と放銃はしない。

次局、小林の手牌。

ドラのが重なって何を切るか。小林はを切った。

、どちらも裏目は痛く、決めきれない…ということだろう。

またをポンしたときに、

先にを切っていくおくことによってが鳴きやすい、という理由もありそうだ。鳴き手はゼロ秒で5ブロックに受けてしまう私はとても勉強になる一打だった。

 

この「ロボ」という通り名である小林と対照的な位置にいるのが

 

黒沢咲だ。Mリーグ名鑑で彼女のページを開くと

 

「彼女は我々凡人にはない悩みがある。それはツキが太すぎるという悩みだ。」

 

「ただ、だからと言って勝てるかというと、そういうわけではない。大きなツキが押し寄せる反面、その対処を間違うと、とんでもない災厄が待っているのである。」

(竹書房「麻雀プロMリーグ名鑑」より抜粋)

 

と書いてある。私ははじめてこれを読んだときにこう思った。

 

 

認められない。特定の人に好牌が集まる現象なんて、いかにもオカルト民が考えそうな思想だ。

しかし…しかしである。Mリーグにおける彼女の手牌や戦いをみていると、その思いも少しだけ揺らいでしまう。たしかに彼女のもとにドラが集まっているような気がするし、他の人がやらない役牌スルーから大物手をアガったり…と「セレブ打法」はちゃくちゃくと私の心に侵入してきているのだ。いつのまにか私の中の黒沢咲のイメージは「ミリオンシャンテンさだめだ!」(片山まさゆき)の中のめろん畑になってしまった。

©️片山まさゆき/竹書房

 

そしてその黒沢の手牌だった。

を切れば待ちのテンパイ。たしかにうまいこといったらタンピンになりそうだが、親という事もあり打点はドラ1で十分、押さえつけも兼ねてリーチを打つ人が多いだろう。

(何かセレブ感が足りないわね…)

そう思ったのか、黒沢はを切ったのだ!

こうしておけば、

という多くのツモで打点上昇する。どうせならを切ってほしかった。を切るとツモ待ちになるし、

ツモでアガらずからのフリテン5面待ちリーチも打てる。

もう行く道行ってほしい(笑)ツキが太い…なんてことは認められないが、こういう麻雀の方が見ていて楽しいのは間違いない。最初は多少嫌悪感を持っていたが、いつの間にか見入ってしまう魅力が黒沢にはある。

狙い通りをツモってリーチ!もしかしたら何巡か待って手が変わらなかったら、ツモ切りリーチをするためには置いておいたのかもしれない。いや、彼女の麻雀には

の先切りを活かして召し取る」

とか

「親リーチで抑えつける」

なんて概念はなさそうだ。セレブなのだから。

そのセレブリーチを受けた小林の手番。

黒沢の捨て牌は

←リーチ

である。いかにもセレブっぽい…じゃなくて、好形っぽくて押しづらい。

と切ってのリーチは好形率が高まるだけでなく、

小林が切りたいの放銃率も少し高まると言える。

さすがにここはを並べてオリるか…そう思ったら

 

小林は少考した後にを押した。好形っぽいとはいえ、通ってないところは多く、自分の手牌は仕掛けが利く上に、場はピンズが安い。ギリギリ見合うと判断したか。

“ツキなどという不明瞭なものを最大限活かすよう打つ黒沢”vs“理詰めで得を重ねていく小林”。見ていてこれほど面白い対決はない。

この戦いを制したのは——

 

 

めろん畑だった。

(庶民は3900を拾ってなさい)

と思ったかどうかはわからないが、最近の黒沢は本当に伸び伸び打っているように見える。(Mリーグが開幕した直後は緊張があったのか、迷っているように見えた)

 

続く一本場。そんな黒沢の配牌。

うまく678の三色になればいいな…という手。

2巡でと重ねて一気に勝負手に。

ダブはさすがにポンして

ここからなんとを切った。「ドラが重なると思った」とは黒沢の弁だが、何を言っているか庶民の私にはわからない(笑)普通に打だろう。をツモってもをツモっても5800のテンパイで、

例えドラのをツモってきてもなんら困らない。

「絶対にマンガンにしたいのでしょうね。おもしろーい」

解説の村上プロも、おもしろーいの部分が棒読みで、呆れていることがわかる。

このをチーしてイーシャンテン。結局5800のイーシャンテンなのだが…

 

当然のようにドラを引く黒沢。そして

 

さらにドラを引く。

 

ついでにもツモってきた(笑)この局だけだったら何とも思わないが、こういう場面を本当によく見かける気はする。今一度上にスクロールしてもらって黒沢の配牌を確認ほしい、あれがここまで育つのだ。

「Mリーグでの彼女の戦いぶりを見ていただければ~(中略)~マジメな麻雀の話であることがお分かりいただけると信じている」

(麻雀プロMリーグ名鑑より抜粋)

 

ここはさすがにをツモ切って(それでもタンキに受けようか少し考えていた(笑))この手に飛び込んだのが勝又だった。

この手牌からを抜いて放銃。他に通っている牌はなく、これは仕方ない。

と、いうのも、このは「理論上ほぼ通る牌」なのである。

黒沢はと手出しした後に、

でチー。ターツ落としが入った後に食い延ばすケースは少ない。あるとしたらマンズのホンイツに向かったケースだが、

その後を手出していることからドラ周りのソウズターツを持っていることがわかる。

つまりホンイツではなく、は絶対通るのだ。

ただし「相手が理論的に打っているのなら」という条件が付く。

勝又(どういう手順でこの待ちがあるんだ…?)

黒沢(12000で‘‘妥協‘‘よ…)

と、思ったかどうかはわからないが、理詰めの打ち手が常識外の打ち手に絡めとられる瞬間を見た。

黒沢がアタマ二つほど抜けたあとの南二局。

小林は

このテンパイを打ダマに構えた。

親の松本が3フーロしていたからだ。が現物。リーチしてアガることによる着順上昇よりも、ラス率上昇を重く見たのだろう。これが2フーロだったらリーチしていたと思う。3フーロだからこそ、ほぼテンパイだし、

周りもそう思うためにを切る確率は高く、テンパイだからこそめくり合いで負けるケースも増える。

また、このままでもをツモればマンガンだし、三暗刻変化もある。

結果は

黒沢から2600のアガリ。これまで一度もラスを引いていない小林らしい選択だと思った。

一回戦はこのまま黒沢が逃げ切り。

(黒沢+59.1 松本+5.3 小林-19.2 勝又-45.2)

 

二回戦、パイレーツは小林を連続投入する。注目してみていたが、いいところがなく、とうとう初めてのラスを引いてしまった。

Mリーグ名鑑で小林のプロフィールを確認すると、おススメの麻雀書籍の欄に「リーチ麻雀論改革派(著・天野晴夫)」と書いてあった。この本は1990年に刊行された昔の本だが「流れ」や「勢い」が当たり前に存在していた麻雀界に、はじめて「デジタル」の概念を打ち出した本である。

実は私も感銘を受けた一人だからよく覚えている。この本に牌姿はあまり出てこない。麻雀強くなりたければ、まずは己にうち克つ心、「克己心」を鍛えるべきだと著者は説く。

アガって嬉しいって思う心に対し、落ち着けバカ…と言い聞かせる。

放銃して落ち込む心に対し、気にすんなボケ…と言い聞かせる。

これを続けていくうちに自然と「知」が「心」を説得しだすようになる。すると「心」が揺れることは無くなり、どのような状況でも冷静に「知」で判断できるようになるというのだ。

私もこの本に書いてあることを実践しようとした。しかし、しばらくしたところで怖くなり、やめた。人間の感情の部分が失われていくような、言いようのない恐怖を感じてしまったのだ。

今、私は確信を持って言える。小林剛という男は、この本に書いてあったことを20年以上ずっと実践しているはずだ。ひょうひょうとしているように見えて、自分の心を押さえつけ、麻雀を知で捉え、そして強くなることだけを考えて生きてきたのだ。

こうして麻雀界最高峰の舞台までかけあがってきた。小林にとっては、今日の不調はただの結果の揺らぎ。そして黒沢の異端の手筋や結果も、ただのノイズとしか思っていないだろう。

笑うのは最後だけでいい。

「ロボ」がまもなく折り返しを迎えるMリーグで、淡々と目の前の手牌と戦い続けるだろう。

(勝又+75.6 瀬戸熊-2.2 白鳥-26.2 小林-47.2)

ZERO(ゼロ)

麻雀ブロガー。フリー雀荘メンバー、麻雀プロを経て、ネット麻雀天鳳の人気プレーヤーに。著書に「ゼロ秒思考の麻雀」。現在「近代麻雀」で『傀に学ぶ!麻雀強者の0秒思考』を連載中

 

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ 風林火山vsABEMASvs雷電vsPirates

【関連記事】
もしもウルトラマンが負けたら…たろうとヒサトが「惑星M」を支配する時【熱論!Mリーグ】担当記者:花崎圭司
子供の手本にしたい超攻撃スタイル“寿人を大画面で楽しもう”【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
「Mリーグコレクション2018」 ファンが選んだカッコいいユニフォームは?【熱論!週刊Mリーグ】担当記者:グレート巨砲
己の…風林火山の…Mリーグの未来を変える勝又健志の「世界線」【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗
茅森と魚谷“天才”と“最速”の合成は成功するのか⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio
「部屋とMリーグとゼウスと僕」〜鈴木たろうの純恋歌〜【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー
ライディーン達を熱狂させる暴君・瀬戸熊直樹の『克己心』【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司
知名度ゼロから挑む秀才・園田賢のMリーグ黄金伝説【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO
日本で一番叩かれるプロ雀士・萩原聖人は小島武夫を超えられるのか【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
テッペンは見えているか? 寿人、朝倉、亜樹、黒沢それぞれの「Mリーグ坂」【熱論!Mリーグ】担当記者:花崎圭司
ノストラダムスでも予言できなかった19年後の二階堂亜樹【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
インチキ観戦記者にライバル出現 その名は『熱闘!Mリーグ』!【熱論!週刊Mリーグ】担当記者:グレート巨砲
最年少Mリーガー松本吉弘へのジェラシーが止まらない件【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗
決戦は「金曜日」!パブリックビューイングで 輝くMスターは誰だ⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio
魔法が解けた高宮まり その時、狂戦士は少女になった【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー
油断したら噛み殺す!天才・茅森早香は猫を被った女豹【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司
負けても負けても、白鳥翔が飛び続けなければいけない理由【熱論!Mリーグ】
魚谷侑未の“90度”マーメイドは麻雀を愛してくれているのか【熱論!Mリーグ】
亜樹&タッキーの「王道の麻雀」と「顔芸」で勝つ!風林火山の侵略計画【熱論!Mリーグ】
それいけ!ぼくらの…村上、石橋、黒沢、亜樹 あなたの推しキャラは?【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹の光と影 “打者一巡”したMリーガーたちの変化 【熱論!Mリーグ】
これが恋なのか… やられても不死鳥の如く蘇る近藤誠一に魅せられて【熱論!Mリーグ】
変幻自在の鳴きで卓上を駆けるマジシャン その名は園田!【熱論!Mリーグ】
卓上のMリーガーも空を切った 豪腕・瀬戸熊直樹の“変化球”【熱論!Mリーグ】
進撃の武田軍! 戦乙女・二階堂亜樹と 軍師・勝又健志が魅せる 風林火山の打ち回し!【熱論!Mリーグ】
俺を止めたいなら 核ミサイルでも落とせ! 佐々木寿人は攻撃をやめない【熱論!Mリーグ】
“踊る!バッシー御殿‼︎”は面白い! 石橋伸洋で楽しむ方法 【熱論!Mリーグ】
Mリーグ初役満を無視して考えた。パブリックビューイングは誰のもの?【熱論!Mリーグ】
死んでいたはずの “麻雀攻めダルマ” 佐々木寿人が目覚めた夜【熱論!Mリーグ】
“ずるごー”は健在だった 小林剛率いる 海賊たちの点棒略奪劇!【熱論!Mリーグ】
Mリーグの魔物がもたらした萩原聖人の変化【熱論!Mリーグ】
近藤誠一徹底分析 「事務局の人」から「卓上の阿修羅」へ【熱論!Mリーグ】
高宮まり、魚谷侑未は “亜樹・黒沢”世代を 超えられるのか【熱論!Mリーグ】
女たちの “2100秒の攻防” Mリーグ女流大戦勃発!【熱論!Mリーグ】
もしも麻雀がなかったら…一途な最速マーメイド 魚谷侑未の覚悟【熱論!Mリーグ】
俺たちの恋人 二階堂亜樹と過ごす史上最長の夜【熱論!Mリーグ】
ブルドーザー・前原、変幻自在・園田 それぞれの持ち味を長考しながら堪能する夜【熱論!Mリーグ】
狙うは白鳥翔の首ひとつ! 渋谷ABEMAS包囲網を敷け!【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹、メンタル崩壊…舞姫を狂わせた近藤誠一の禁じ手【熱論!Mリーグ】
“多井隆晴vs朝倉康心”新旧エース同士の世代闘争勃発!【熱論!Mリーグ】
白鳥は水面下でもがいているからこそ“リア充”に見える【熱論!Mリーグ】
麻雀攻めダルマ・佐々木寿人はこのまま終わってしまうのか【熱論!Mリーグ】
私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】
まさにMリーグインフェルノ! オデが見た開幕戦の舞台裏【熱論!Mリーグ】
身内がMリーガーになった件 二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟【熱論!Mリーグ】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」