「部屋とMリーグとゼウスと僕」〜鈴木たろうの純恋歌〜【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー

熱論!Mリーグ【Thu】

「部屋とMリーグと

ゼウスと僕」

〜鈴木たろうの純恋歌〜

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2018年11月15日

 

「もう知らないっっ!!!」

 

そう言って彼女は部屋を出て行った。バタン、という無機質な音が一人きりの部屋に響く。

友人と麻雀をしていたせいで彼女の部屋へ来るのに遅刻してしまった僕を待っていたのは、ふくれっ面の彼女と、

 

「私と麻雀、どっちが大事なの?」

 

という質問。僕の答えが、どうやら彼女を怒らせてしまったようだ。おかしいな…こういうときは『そんなの言わなくても分かるだろ…』とだけ答えればいいよ、っていきつけの雀荘オーナーに習ったのに。

 

部屋の鍵を持っていないので、追いかけるわけにもいかない。彼女のいない彼女の部屋で、僕は帰りを待つことになった。いつもより広く感じる部屋に、パソコンからのBGMが響く。僕を待っている間に何か聴いていたのだろう。

 

—あなたの両腕を切り落として 私の腰に巻き付ければ あなたはもう二度と 他の女を抱けないわー

 

…おいおい。大丈夫かよ、この歌。唖然としているうちにサビになった。

 

ー死ねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ。私を好きじゃないのならばー

 

…すごい愛され方だな…消そう。iTunesの停止ボタンを押すときにパソコンの画面が目に入ってきた。

 

『あいみょん 貴方解剖純愛歌~死ね~』

 

あいみょんって、今年紅白出るんじゃなかったっけ?ずいぶんとおぞましい歌を歌ってるけれど大丈夫なのか??

 

BGMを止めてふと時計を見ると、19時だった。Mリーグが始まる時間だ。ミーハーな彼女はナルシストっぽい白鳥翔のファン。麻雀マニアの僕はゼウス、鈴木たろうのファン。雀風が好きなのもあるけれど、顔がすごく似ているのだ。僕の雀荘でのあだ名はもちろんたろうだ。

 

今日は一緒にMリーグを見ようって約束してたのにな…。どうせ部屋から出られないし…自分に言い訳をしながら、僕はMリーグを見て彼女の帰りを待つことにした。

 

【東1局1本場】

 

たろうは目下絶不調。今日までに積み重なったマイナスは▲215.5。悲惨な放銃が多くて、ファンの僕じゃなくても目を覆いたくなる場面が多かったと思う。今日はどうだろうか。

 

12巡目、たろうに先制リーチが入る。今日こそは…

 

と、思っていたら、

満貫をダマにしていた白鳥から追っかけリーチが…マズイ、つかむなよ、たろう…

 

あぁ…

 

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

 

白鳥にメンタンピン一発イーペーコー赤表、12000の放銃。

 

たろうが放銃すると、まるで自分が放銃したような気持ちになる僕。今日もダメなのか…

 

しかし、たろうは親番で、

 

メンピンツモイーペーコードラ裏の6000オールをツモってすぐに盛り返す。今日はいけるぞ。頼む…

 

 

【東4局】

トップまで微差2着目のたろう。物凄い配牌をもらう。

 

なんとしてもモノにしたい。しかし…

 

4巡目

 

5巡目

 

6巡目

 

と、どんどん河が派手になってしまう。

 

それを見た親番の白鳥、

 

※CPU画像で、暗くなっているのがツモ切りの牌、白くなっているのが手出しの牌です。

 

上家石橋のをみて合わせ打ち。マンズの中で将来的にたろうに危ないのは、

 、あたりだろう。親とはいえ安手なので、ここはたろうマークでスリムに構える。

 

その後イーシャンテンになったたろうは、

 

瀬戸熊が切ったをポン、

 

待ちのテンパイをとった。

 

を切っていて、ポンして打

で出アガりがしにくいのは百も承知だけれど、かと言ってとらないわけにもいかない。マークされながらも周りに圧力をかけて対応させつつ、自分がツモってしまおうという考えだろう。

 

ツモってくれ…たろう…。しかし相手は歴戦の猛者たち。黙って見ていてはくれない。

 

まずは瀬戸熊、

 

この手をダマテンに構える。何も場況が無ければリーチする手だ。

しかし、ここは高めのもたろうの現物。たろうが安いのならいいが、

アッサリを手放しているところを見ても、たろうにドラが固まっている可能性は高い。

 

リーチして他の人から打たれづらくするよりも、最悪3900でもいいので自身がアガってたろうのアガりを防ぐのが目的だろう。

 

さらに、石橋、

 

たろうが切ったをチーして勝負。

タンヤオのみカン待ちの交わし手を入れてきた。

 

は危なく見えるが、たろうがを切ったとき

既には3枚見えなので、

仮にがアンコだったとしたら

からを切って

待ちに固定することはないだろう、という読みも入れていたか。

 

いずれにせよギリギリの打牌だが、それだけたろうの手を阻止する価値が高いとも思っていたことだろう。

 

そして、親番の白鳥までも、

 

テンパイにこぎつける。待ちにもとれるが、たろうの最終手出しをみてソバテンをケア。を止めてを打ち、カン待ちとする。ドラも赤も持っていない白鳥。最大限の警戒をしつつ、自身がツモったときにはアガれる構えをとった。

 

たろうをきっちりマークしつつも、全員が全員テンパイをとってきた。すごい。すごすぎる。

 

僕は祈った。お願いします…たろうにどうかアガらせてください…。

 

アガったのは…

 

「ツモ」

 

たろうだ…!2000-4000のツモアガり。

 

「やったー!!!ほら!やっぱりすげーんだよ、ゼウスは…」

 

横を向いた僕の視線は空を切った。いつもなら、「そうだね!すごいね!!」って一緒に喜んでくれるのに…。

 

【南1局】

落ち込む僕。それでも目はモニターから離れない。

 

たろうのこの理牌。を隣に並べることでを、を隣に並べることでを、それぞれチーするとき、牌をカチャカチャさせないようにしている。

 

鳴くときになってから離れている2牌をつまんで鳴いてしまうと、食い伸ばしだと疑われてしまって、メンツ構成がバレたり、待ちになったときに出にくくなったりしてしまうのだ。

 

僕、友達とセットする時に、よく離れた牌をチョンチョンとつまんで鳴いて、「あ、まだその辺もってるだろ、たろうは食うのホントへただなー」って言われちゃうんだよな…気を付けないと。

 

食うの、か…そういえばちょっと小腹が減った。なにか冷蔵庫にないかな。

 

冷蔵庫の扉を開けると、ケーキの箱があった。開けてみると、そこには洋梨のタルトが2つ。アイツが買ってきてくれたのか…さすがにこれを食べるわけにはいかないな。

 

洋梨…ん?もしかして…用無しってことか…僕は捨てられてしまうのか。

 

襲いかかる漠然とした不安。なんて言えば、僕は彼女に許してもらえるのだろう。

 

【南2局1本場】

 

焦りを隠せない僕。そんなとき、親番のたろうにテンパイが入る。

 

は1枚切れ。ドラ1あるので即リーチか…

 

慌てず騒がず、たろうの選択は打でイーシャンテン戻し。巡目も早いので、へのくっつきを狙う。両面になったときには、ピンフがつくだけでなくアガリ枚数が増えることによりツモアガリへの期待も持てる。

 

おぉ…

 

狙い通り。絶好のを引き入れてのリーチだ。

 

こう構えておく理由はもう一つある。親番のない瀬戸熊、現状ラス目の石橋、直撃が狙えるようになった白鳥、各人とも手が入ったら押し返してくる可能性が十分にある局面だからだ。愚形リーチは極力避けて、押し返しに備えたい。

 

この3者で、手が入ってしまったのが、

 

この形になった石橋である。少考ののちには河へ吸い寄せられた。

 

裏ドラも乗って、たろうのリーチピンフドラ裏12000のアガり。焦らず落ち着いて手作りをしたたろう。このアガリでこの半荘のトップを決めた。

 

そうだな、焦っちゃだめだ…。でも、どうすればいいんだ。どうすれば…

 

たろうは勝利インタビューで、

 

神頼みをしていたと語っていた。そして、2戦目もたろう続投が決まる。

 

ゼウスは神に頼んだ。ならば、僕はゼウスにすがろう。きっと何か、僕のすべきことを示してくれるはずだ。

 

こんなんだから、彼女に出て行かれるんだよな…一人きりの部屋で、誰にともなく僕は苦笑いした。

 

2戦目(選手は画像の下部の4名です。)

 

【南1局】

この半荘、たろうは瀬戸熊を追う2着につけていた。頑張れ…今日はいけるぞ…

 

2巡目にダブが重なる。

 

そして、をポンして打

 

さらに、をポンして打を先打ちしてをぼかしているのもあるが、ここまで一連の選択で引っ張ってきているにも注目だ。南場に入っているのに誰も切っていない、トイツになったらもの凄く強い牌だ。トップ目瀬戸熊との差は5000点。を重ねたときにはを払っていくという、トイトイの満貫コースもたろうの頭の中にあったに違いない。

 

もちろん、ターツを活かす交わし手も捨ててはいない。決め手と交わし手の両睨みで、先打ち&残しの選択をしたのだろう。

 

その後を引き入れ、2000点のテンパイを入れたところで、

 

カン材のを持ってくる。カンをすればひとまず2600点にはなるし、新ドラやリンシャンでさらに点数が上がることもある。先ほども挙げた、瀬戸熊との点差を考えてたろうはカンをした。

 

リンシャンにいたのは…

 

。たろうはこれを空切り。を切ってからの手出し回数を増やしてでアガリ安くするのもある。しかし、最大の狙いは、親番の多井をオロすことだろう。

 

多井は非常に守備力の高い打ち手だ。カンをしてから手出しを入れてテンパイ濃厚ということを知らせれば、この点棒状況ならばよほど手格好が良くない限り多井はラス落ちを嫌ってオリてくれるのでは、という「人読み」をたろうは使ったのではないか。

 

このメンバーはRTDリーグでも相対している。ある程度以上の打ち筋は各人の頭にあったと思われる。

 

しかし、相手は多井だけではない。

 

テンパイを果たした小林からリーチが飛んでくる。

 

うわぁぁぁぁぁぁ!

 

モニターの前で僕は叫んでしまった。即づかみじゃないか。さすがにこれは止まらないか…思わず目を瞑る僕。

 

「見事!」耳に響いてきたのは解説の勝又の声だった。を打って放銃回避。

 

が相当通りそうだったのもあるが、

の形になるのでは使い切って回りやすい牌だったこともあろう。

そして、

 

チーに備えた本日2度目のこのフォーメーション。たろうはまだオリてはいない。復活を見ている。

 

小林のに合わせて多井から打たれた

このをチーして、たろうはテンパイ復活。

 

多井からすると、を合わせたのは、たろうに小林のアガリをつぶしてもらおうという狙いもあったと思う。

 

その後、たろうはを引いて

のテンパイ。このまま流局と思われたその時、

 

小林のアタリ牌であるをつかんでしまう。テンパイ料も捨てがたいが…

 

悩んだたろうが出した答えは、

 

中筋のでオリ。親の多井やライバルの瀬戸熊もオリていることから、ここは自身の致命傷を避けたカタチだ。

 

2度のビタ止め。小林の1件テンパイとなった。

 

この局、最初から最後まで、たろうは一打一打大切に選択しているのが痛いほど伝わってきた。

 

大切。大切、か…

 

僕は、彼女のことを大切にしてきたのだろうか。開けても暮れても麻雀ばかり。一緒に電車で移動してるときも天鳳の観戦。ご飯を食べるときも麻雀動画を見ながら。

 

「私と麻雀、どっちが大事なの?」

 

彼女の質問が、頭の中でリフレインする。

 

どっちが大事かなんて、そんなの比べられないことくらい彼女も分かってる。

 

そうか。あの質問は、

 

『比べられないくらい大事なんだから、私のこと、もっと大切にしてよね!最近愛が足りないよ!』

 

っていう、彼女のSOSだったんだ。それを僕は…

 

「さっきはごめん。僕にはやっぱり〇〇がいなくちゃダメなんだ。大切な人なんだ。」

 

すぐに、今すぐに伝えないと。スマホを取り出して、電話をかける。

 

…トゥルルルル …トゥルルルル

 

ダメだ。出ない。あのとき、すぐに追いかけていけば良かった。もう手遅れなのか…

 

【南2局1本場】

落ち込む僕をよそに、対局は進んでいく。

 

親番のたろう、

 

ここで少考して、

 

とする。さらに、

 

次巡を引いて打とした。さらに、

 

をポンして打とした。この一連の選択にはゼウスイズムが詰まっている。

 

もちろん、中打点の喰いタンに向かったのもあるがそれだけではない。

 

①注目を浴びている親番で両面ターツを払っていくことによって、他家に「いい手だぞー」と圧力をかける。

 

②両面ターツを払った後さらに副露を入れることで、「テンパイかも」と思わせて他家を回らせたり降ろしたりする。そうすることで実際は愚形残りのイーシャンテンである自分の手のアガリ率&テンパイ率を上げる。

 

③副露時にを切ってを残したのは、中張牌を余らせてテンパイ臭を出すためと、

全員の安全牌を確保するため。

 

どうだろうか?これまでもこうやってたろうは、威圧の神風を吹かせることで、他家を引かせながら自分のペースで親番を進めてきたのだろう。

 

結果は、アガれこそしなかったものの、中盤にこのテンパイを入れて、

 

一人テンパイで流局。トップの瀬戸熊に迫る。

 

思わず対局に見とれてしまっていた。ハッとしてスマホをみても、彼女からの着信はない。

 

一度切った牌は二度と元に戻せないように、僕と彼女ももう元には戻れないのだろうか…イヤだ。そんなのはイヤだ。でも…。鳴らないスマホを恨めしく眺めた。

 

【南4局】

トップの瀬戸熊まで9000点差の2着目で迎えたオーラス。

 

たろう、逆転してくれ…

 

としてホンイツに構えたたろう。次巡、

 

をツモって打

 

あれ?ホンイツは見ないのかな?

 

その後、自風のが河に並んでも気にする様子もない。そして、

 

ここで少考。たろうの出した答えは、

 

。なんで??と思った僕だが、次巡のツモでたろうの狙いが明らかになった。

 

そう、たろうは2巡目にをツモった時点で567の三色を見ていたのだ。

なるほど、とあっても使う想定であれば、567三色が浮かび上がってくる。

だからずっとに手をかけなかったのか。

 

役牌1種でのホンイツは鳴いても満貫には届きそうにない。染めるならチンイツにするため役牌は切っていき、打の時点で『チンイツと567三色』の両天秤にかけたのだ。そんな両天秤、聞いたことがない。

そして、

 

すげぇ!!!

 

神がかけた天秤は、ものの見事に傾いた。

 

11巡目ついにテンパイが入る。

 

たろう、いけーーーーーーーーーー

 

しかし、神の所業はこれにとどまらなかった。

 

え???ダマ???

 

ここは盤面をみてみよう。

 

直前に上家の多井がを切っている。たろうのトップ条件は、満貫以上のツモか、瀬戸熊からの5200以上直撃だ。

 

瀬戸熊は、前巡の打をみてもまだベタオリはしてないようだ。ド終盤に完全安全牌を確保するために、いま通ったを数巡の間に切ってくる可能性がある。もちろんダマのツモでもたろうはトップになれる。

 

たろうはあえてリーチしないことで、瀬戸熊からこぼれるのを期待した。

 

たろうの思惑通り、瀬戸熊はまだ中張牌を切っている。頼む……。

 

しかし、手の内から安全牌の発を打ってきた。これは、もう先に危険牌を処理出来て、残り数巡の安全牌が足りた、という風に読める。

 

となると、ゼウスの選択はただ一つ。

 

を空切りして、リーチ宣言だ。直撃が期待できないのなら、一発や裏ドラに賭けた方がいい。

 

しかし、このメンツ、そうそう楽はさせてくれない。

 

ソウズの下に狙いを絞っていた多井、狙い通りを重ねて12000確定のリーチ。もしたろうが放銃して裏が乗ってしまった場合、16000を打ったたろうは3着に落ちてしまう。

 

お願いだ…神様…これをアガれればきっと…僕も…たろうと一緒に救われる気がするんだ…。

 

祈りは果たして天に通じた。

 

ブルッ

 

思わず身震いした僕の傍らにある、スマホが震えた。

 

「あー、もしもしー。ごめん、カラオケ来てて着信気づかなかったー。歌ったらだいぶスカッとしたし、一人じゃつまんないからあと1曲歌ったら帰るね。え?大切にする?はいはい。ありがと。麻雀ばっかりじゃなくて、たまには私にも愛をちょうだいよね。やっぱ△△くんは怒られないとわかんないかー、反省しなさいっ!」

 

良かった…。泣きじゃくっていて気の利いた言葉が浮かばなかった僕は、何歌うん?って聞いた。

 

「え?言ってもわからないかもしれないけれど、あいみょんって歌手の、貴方解剖純愛歌。今年紅白出るんだよ、すごいよね…って聞いてる?」

 

こんなどうしようもない麻雀狂いの僕を、おぞましいくらいに愛してくれて、ありがとう。

 

2018年 11月16日 ゆうせー

ゆうせー

京都大学法学部卒の現役塾講師でありながら雀荘の店員もこなし、麻雀強者が最も集まる人気オンライン対戦麻雀「天鳳」でも全国ランキング1位(鳳南2000戦安定段位ランキング2018年5月現在)、麻雀界では知る人ぞ知る異才。「実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講義」の著書であり、Mリーガー朝倉康心プロの実兄。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsABEMASvs雷電vsPirates

【関連記事】
知名度ゼロから挑む秀才・園田賢のMリーグ黄金伝説【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO
日本で一番叩かれるプロ雀士・萩原聖人は小島武夫を超えられるのか【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
テッペンは見えているか? 寿人、朝倉、亜樹、黒沢それぞれの「Mリーグ坂」【熱論!Mリーグ】担当記者:花崎圭司
ノストラダムスでも予言できなかった19年後の二階堂亜樹【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
インチキ観戦記者にライバル出現 その名は『熱闘!Mリーグ』!【熱論!週刊Mリーグ】担当記者:グレート巨砲
最年少Mリーガー松本吉弘へのジェラシーが止まらない件【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗
決戦は「金曜日」!パブリックビューイングで 輝くMスターは誰だ⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio
魔法が解けた高宮まり その時、狂戦士は少女になった【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー
油断したら噛み殺す!天才・茅森早香は猫を被った女豹【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司
負けても負けても、白鳥翔が飛び続けなければいけない理由【熱論!Mリーグ】
魚谷侑未の“90度”マーメイドは麻雀を愛してくれているのか【熱論!Mリーグ】
亜樹&タッキーの「王道の麻雀」と「顔芸」で勝つ!風林火山の侵略計画【熱論!Mリーグ】
それいけ!ぼくらの…村上、石橋、黒沢、亜樹 あなたの推しキャラは?【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹の光と影 “打者一巡”したMリーガーたちの変化 【熱論!Mリーグ】
これが恋なのか… やられても不死鳥の如く蘇る近藤誠一に魅せられて【熱論!Mリーグ】
変幻自在の鳴きで卓上を駆けるマジシャン その名は園田!【熱論!Mリーグ】
卓上のMリーガーも空を切った 豪腕・瀬戸熊直樹の“変化球”【熱論!Mリーグ】
進撃の武田軍! 戦乙女・二階堂亜樹と 軍師・勝又健志が魅せる 風林火山の打ち回し!【熱論!Mリーグ】
俺を止めたいなら 核ミサイルでも落とせ! 佐々木寿人は攻撃をやめない【熱論!Mリーグ】
“踊る!バッシー御殿‼︎”は面白い! 石橋伸洋で楽しむ方法 【熱論!Mリーグ】
Mリーグ初役満を無視して考えた。パブリックビューイングは誰のもの?【熱論!Mリーグ】
死んでいたはずの “麻雀攻めダルマ” 佐々木寿人が目覚めた夜【熱論!Mリーグ】
“ずるごー”は健在だった 小林剛率いる 海賊たちの点棒略奪劇!【熱論!Mリーグ】
Mリーグの魔物がもたらした萩原聖人の変化【熱論!Mリーグ】
近藤誠一徹底分析 「事務局の人」から「卓上の阿修羅」へ【熱論!Mリーグ】
高宮まり、魚谷侑未は “亜樹・黒沢”世代を 超えられるのか【熱論!Mリーグ】
女たちの “2100秒の攻防” Mリーグ女流大戦勃発!【熱論!Mリーグ】
もしも麻雀がなかったら…一途な最速マーメイド 魚谷侑未の覚悟【熱論!Mリーグ】
俺たちの恋人 二階堂亜樹と過ごす史上最長の夜【熱論!Mリーグ】
ブルドーザー・前原、変幻自在・園田 それぞれの持ち味を長考しながら堪能する夜【熱論!Mリーグ】
狙うは白鳥翔の首ひとつ! 渋谷ABEMAS包囲網を敷け!【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹、メンタル崩壊…舞姫を狂わせた近藤誠一の禁じ手【熱論!Mリーグ】
“多井隆晴vs朝倉康心”新旧エース同士の世代闘争勃発!【熱論!Mリーグ】
白鳥は水面下でもがいているからこそ“リア充”に見える【熱論!Mリーグ】
麻雀攻めダルマ・佐々木寿人はこのまま終わってしまうのか【熱論!Mリーグ】
私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】
まさにMリーグインフェルノ! オデが見た開幕戦の舞台裏【熱論!Mリーグ】
身内がMリーガーになった件 二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟【熱論!Mリーグ】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」