海賊、不死鳥、雷電…トップという「鎖」に縛られた者たちの悲劇【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Fri】

海賊、不死鳥、雷電…

トップという「鎖」に

縛られた者たちの悲劇

文・阿部柊太朗【金曜担当ライター】2019年2月8日

 

さながらホラー映画のようだった。

トップという鎖に縛られた三人の屍が、多井の前に連なっていく。

南1局の親番。多井はドラドラ赤の手牌。ここからをチーして打

  チー

の形でくっつきのイーシャンテンに取る。

7巡目にを引いて12,000点のテンパイ。

注目するべきは上家の近藤が直前に切っている

このを多井は鳴いていない。くっつきのイーシャンテンだったので、正確には鳴けなかったと言うべきなのだが、

「多井はを要らないらしい」

という情報が他家に伝わる。

その情報に吸い込まれるかのように、石橋の手からがこぼれる。

 

パイレーツ、いっちょあがり。

 

 

南3局、多井はを仕掛けてイーシャンテン。

目先のアガリを拾うだけなら打として、の強シャンポンを残したいところ。しかし既には1枚切れていて、若干苦しい。

多井はを引いた変化を見て、打とする。

すぐにを引いてテンパイ。

絶対に落とせない最後の親番を迎えた萩原が吸い込まれるように飛び込む。

雷電、いっちょあがり。

 

 

南4局、唯一アガリ打点に縛りのない多井はここからでもドラのを切ることができる。

 

9巡目、カンをチーして一気通貫カン待ちのテンパイに取ると…

追いすがるラス親の近藤からを捕らえて勝負あり。

フェニックス、いっちょあがり。