その強さ、チートかよ…多井隆晴が完膚なきまでに粉砕した「アベマズ包囲網」【熱論!Mリーグ】




熱論!Mリーグ【Fri】

その強さ、チートかよ…

多井隆晴が完膚なきまでに

粉砕した「アベマズ包囲網」

文・masasio【金曜担当ライター】2019年2月8日

 

「アベマズ包囲網」

10月にMリーグが開催されて以来、アベマズは首位をひた走っていた。

あっという間に400ポイントほどを稼ぎ、このままではダントツで優勝してしまうんじゃないか?これ以上アベマズにトップを取らせてはまずいんじゃないか??

ということでどこからともなくこの言葉が聞かれるようになった。

かくいう私も「アベマズ強いな~さすがだな~」と思って見ていたものだ。

もちろんこの心配は杞憂だったのだが、今まさに約4か月の時を経て「アベマズ包囲網」が引かれようとしている。

本日開始時のポイント状況はこちら。

本日は3位5位6位7位の対決。

ボーダーをめぐっての争いだ。

7位の雷電は4連勝してどうかというところ。

4位の麻雀格闘倶楽部まで、6位のフェニックスが173.4ポイント

5位のパイレーツが94.9ポイント。

1回のトップラスで約100ポイント縮まるのでまだまだ分からない・・・

と言いたいところなのだが、そうはいかない。

 

こちらが、残り試合の組み合わせである。

パイレーツ、フェニックスともに現在4位の麻雀格闘倶楽部との対戦がないのだ。

逆にアベマズとは直接対決が4試合残っている。

残り4試合でパイレーツは122.3ポイント、フェニックスが200.4ポイント

この差を詰めるというのが目標になるわけだ。

もちろんパイレーツとフェニックスはライバルだ。

しかしアベマズのポイントを減らすという意味においては味方といってもいいだろう。

「アベマズ包囲網」

生き残りをかけた戦いが始まる。

 

対戦相手はこちら。

4連勝が必要な雷電は、実績と経験とクマクマタイムで瀬戸熊が登場。

残りの3チームはチーム内で一番成績の良い選手をぶつけてきた。

アベマズの多井は目下8連対中、個人首位と絶好調。

朝倉、近藤の包囲網を打ち破れるか?

東1局、親の多井がアガリを重ねトップ目に立つが、残りの3人もアガリ返して接戦で迎えた南2局、

親の近藤の配牌がいい

 

をポンすれば簡単にアガれそうだ。

勝負どころの多井も仕掛けていく

ここから役牌のをポン!

イーシャンテンでマンズの変化も効く。

これは早そうだ。

しかし近藤もカンチャンを引いてイーシャンテン。

 

そして朝倉からが打たれてテンパイ…

 

…しかし、 近藤はポンせず!!!

 

写真を見ても分からないが、が打たれた瞬間、近藤の左眉がピクリと動いた。

「微動だにせず鳴かない」というのはよく聞くフレーズだが、一瞬の迷いが眉に現れるというのも面白い。

スルーの意図としてはやはり親番で打点が欲しいというのが大きいだろう。

ポンの2900でトップには並ぶが、それではまだ決まらない。

この手はが暗刻になっても良いし、ソーズが変化すればイーペーコーや456の三色も見える勝負手なのだ。

「次に良い手が入るとは限らない。ならこのチャンス手を最高形に仕上げよう」

「大きく打ち、大きく勝つ」