ブレなければ必ず獲れる!小林剛と朝倉康心が見せたトップへの手順【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Mon】

ブレなければ必ず獲れる!

小林剛と朝倉康心が見せた

トップへの手順

文・危険な鬼太郎【月曜担当ライター】2019年1月21日

 

ここ最近目立つのがパイレーツの選手のトップが取れないところだ。

朝倉、小林、石橋が普段通りにマジョリティの高い一打を披露しているのにもかかわらず、最後の最後にめくり合いに勝てず悔しい涙をのんだ。

試合数が僅かになり、このままで終わることは許されない。

【一回戦】

今日も小林はブレない。

東一局

この手牌からドラのを打つ。

欲張りな人だと、を打ったりして三色に固定しそうなものだが、この浅い順目でピンズの伸びを見切るのは余りにも惜しい。

それでいて、直接なりを引いたら三色のリーチを打てる。良い一打だ。

しかし、このドラのを村上に鳴かれてしまい、場状は複雑になってしまう。

この手牌からを打つ小林。

村上に打点で負けている以上、速度と待ちで勝たなくてはならない。

カンでリーチに行くわけではないが、マンズはいくらでも形は変わる。

次順に裏目のを引き打。三色は完全に見切り、好形聴牌効率打法だ。

スーパーデジタルと評されている小林。本人は何とも思ってはおらず、当然の一打を打っているだけなのかもしれない。

だけれども、こういうかみ合わないツモこそがパイレーツのトップの取れない大きな要因に見えた。

そして、小林はこの好配牌を貰いながらもまさかの一人ノーテン。

パイレーツの不調はどこまで続くのか…。

しかしこの後小林は親番で、

この待ち選択を正解させたり

黒沢から見事に5800点を打ち取った。

この小林の良さはリードをした時ほど如実に出る…のが小林の得意のトップを取るパターンなのだ。

しかし、パイレーツには呪われているが如くきつい展開が襲う。

東4局

黒沢がマンガン聴牌。

しかし、小林がこの黒沢の待ちを聴牌から放銃する。

村上が黒沢の当たり牌のを止めた直後なだけに批判コメントが目立った。何故トップ目なのに打つのかと。

村上にはもともと切れない牌のが浮いていた上に、を掴んだ。小林は村上の親番蹴りながらも安全に局を消化するためにを打っただけである。

だが、小林はあくまでもブレない。

不運な満貫を放銃しながらも、ここから小林をスーパーデジタルと言わしめるプレイを魅せつける。

まぁでもね、この配牌はずるいですよ。ズルゴーですよ。

聴牌するのも時間の問題かと思いきや、意外にも苦戦。

小林は珍しく長考したものの聴牌取らずの打

まだまだ、引きや引きも観ても良い順目だろうか?スーパーコンピューターはこの一打こそトップが近づく一打だと思ったのだろう。

少し時間をかけたものの、自分の目から6枚も見えている待ちでリーチとする。

亜樹のが早く、場にも少しソウズが安く、相手から攻め返されても勝算十二分にあるという事か。

大きな2000-4000のアガリ。

このアガリで小林がトップを決定づけ。二番手の朝倉に後を託した。

 

【二回戦】

朝倉の受けの一打が目立つ。

萩原がをポンして、待ち聴牌。手役派らしく、打点が高い。

ポン。チーをして朝倉が待ちの聴牌。赤含みの鳴きなのでアガれればマンガンの勝負手だ。

しかし、最後の最後に

朝倉が萩原の当たり牌のを止め、打

萩原にが通っていて、が4枚切れなのでカンは当たらない。当たるとすればシャンポン。

だが、萩原のがあまりにも早すぎる。のシャンポンや、カンチャンの選択で固定する可能性が低く、は持っていないという冷静な判断だろう。

朝倉は鳴きばかりにも注目される選手だが、こういう一打一打にも繊細さが目立つ選手だ。これで見事に聴牌料を獲得した。

南3局

朝倉がをチーして聴牌を入れる。

出来ることならばリーチをかけて、仕掛けているたろうを押さえつけたかったのだろうが、巡目ももう中盤。妥協しての聴牌取りだ。

ポンとチーをして、無理やり清一色を目指していたたろうも妥協の聴牌を取る。

しかし、何というかここからがパイレーツ。

朝倉がハイテイ牌で

迷いもせずにたろうのロン牌のを切らずにを抜いた。

朝倉の実力からすればこのを止めるのは必然だが、親の連荘すらも許されないパイレーツ。

当たり牌を止めて、鳴くべき牌を鳴いているのに何故、ここまでトップ回数が少ないのか?本当に疑問だ。

オーラス

朝倉に難しい聴牌が入る。

朝倉がたろうを逆転するには1300-2600のツモか、6400以上の出アガリだ。

私は朝倉はここでリーチをすると思っていた。赤やドラを引ければそれこそ条件をクリアできるが、赤を引くのと裏ドラに賭けるのも一緒だと思っていたからだ。

朝倉は迷わなかった。

逡巡はしたもののすぐにをツモ切りした。ツモりにくいカンでリーチを掛けて裏ドラを観るよりも、手牌を再構築した方が逆転の可能性は高いと瞬時に判断したんだろう。

ドラのを重ねての完璧な手順でのリーチ!

朝倉の捨て牌を見るとすごく変則手に見える捨て牌。だからこそ筋を頼れないように切りリーチしたように見える。

が少し早いだけに降り打ちも狙えるような待ちに思えたが…。

萩原が勝負のを切っての追っかけリーチ!赤で一発で振れば朝倉が間違いなくトップになってしまうが、自分の着順を上げるために純然たる勝負に出た。

待ちの数こそ互角だったが…。

萩原がを一発ツモ!裏こそ乗らなかったが大きな2000-4000とともに、パイレーツの2着が確定した。

朝倉のMリーグを何回も筆者は観ているが、本人としては会心の出来だったのではないだろうか?それだけにこの2着は悔しいと思う。

この戦いによって4位のボーダーはまた下がってしまった。

これは私の予想だが、4位のボーダーは-50ポイント辺りになると予想している。そう考えれば7位のフェニックスまで十分に射程圏内だ。

決勝に残る4チームはどこになるのか?予想をしながら見ると、もっと面白くMリーグが観れるかもしれませんね!

 

危険な鬼太朗
小説家に憧れる中で、競技麻雀に惚れ込んだ二十代。視聴者と一緒の視点に立ってわかりやすい記事を書いていきたい新人ライター。ツイッターはこちら→危険な鬼太郎

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV