ブレなければ必ず獲れる!小林剛と朝倉康心が見せたトップへの手順【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Mon】

ブレなければ必ず獲れる!

小林剛と朝倉康心が見せた

トップへの手順

文・危険な鬼太郎【月曜担当ライター】2019年1月21日

 

ここ最近目立つのがパイレーツの選手のトップが取れないところだ。

朝倉、小林、石橋が普段通りにマジョリティの高い一打を披露しているのにもかかわらず、最後の最後にめくり合いに勝てず悔しい涙をのんだ。

試合数が僅かになり、このままで終わることは許されない。

【一回戦】

今日も小林はブレない。

東一局

この手牌からドラのを打つ。

欲張りな人だと、を打ったりして三色に固定しそうなものだが、この浅い順目でピンズの伸びを見切るのは余りにも惜しい。

それでいて、直接なりを引いたら三色のリーチを打てる。良い一打だ。

しかし、このドラのを村上に鳴かれてしまい、場状は複雑になってしまう。

この手牌からを打つ小林。

村上に打点で負けている以上、速度と待ちで勝たなくてはならない。

カンでリーチに行くわけではないが、マンズはいくらでも形は変わる。

次順に裏目のを引き打。三色は完全に見切り、好形聴牌効率打法だ。

スーパーデジタルと評されている小林。本人は何とも思ってはおらず、当然の一打を打っているだけなのかもしれない。

だけれども、こういうかみ合わないツモこそがパイレーツのトップの取れない大きな要因に見えた。

そして、小林はこの好配牌を貰いながらもまさかの一人ノーテン。

パイレーツの不調はどこまで続くのか…。

しかしこの後小林は親番で、

この待ち選択を正解させたり

黒沢から見事に5800点を打ち取った。

この小林の良さはリードをした時ほど如実に出る…のが小林の得意のトップを取るパターンなのだ。

しかし、パイレーツには呪われているが如くきつい展開が襲う。

東4局

黒沢がマンガン聴牌。

しかし、小林がこの黒沢の待ちを聴牌から放銃する。

村上が黒沢の当たり牌のを止めた直後なだけに批判コメントが目立った。何故トップ目なのに打つのかと。

村上にはもともと切れない牌のが浮いていた上に、を掴んだ。小林は村上の親番蹴りながらも安全に局を消化するためにを打っただけである。

だが、小林はあくまでもブレない。

不運な満貫を放銃しながらも、ここから小林をスーパーデジタルと言わしめるプレイを魅せつける。

まぁでもね、この配牌はずるいですよ。ズルゴーですよ。

聴牌するのも時間の問題かと思いきや、意外にも苦戦。

小林は珍しく長考したものの聴牌取らずの打

まだまだ、引きや引きも観ても良い順目だろうか?スーパーコンピューターはこの一打こそトップが近づく一打だと思ったのだろう。