KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まり 聖夜によみがえった真紅の闘争心【Mリーグ2020観戦記12/24】担当記者:ゆうせー

KONAMI麻雀格闘倶楽部

高宮まり

聖夜によみがえった

真紅の闘争心

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2020年12月24日

 

「持ち前の攻撃力が、少々鳴りを潜めているここ数戦」

高宮を紹介する、実況のアナウンスが聞こえてくる。

 

押すべき牌が押せない。

思い切りの良さが感じられず、迷ってしまう。

最近、そんな試合が続いていたように感じる。

だが、

この日の高宮まりは、違った。

第一試合

東家 黒沢咲(TEAM雷電)

南家 村上淳(赤坂ドリブンズ)

西家 高宮まり(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

北家 石橋伸洋(U-NEXT Pirates)

実況 小林未沙 解説 渋川難波

 

東2局1本場では、

中盤に持ってきたドラのを、

前進気勢で切り飛ばす。

いい表情をしている。

続く東2局2本場は、

ここから打。3巡目にしてチートイツに一直線。

メンツはおろか、リャンメンもない手。好判断だ。

どちらの手もアガリには結びつかなかったが、今日の高宮は思い切りがいいと感じた。

そして迎えた東3局の親番。

ここまでは村上が順調にアガリを重ねて、抜け出す展開となっている。

「リーチ」

先制したのは石橋だ。のノベタン待ちでリーチ。

対する高宮は11巡目、

このような手になっていた。

河を見やり、考えをめぐらせる。

意を決して切った牌は、

だ!123三色のイーシャンテンを維持して攻める一打だ!

続くもプッシュ!

モニター越しに分かる、視線の鋭さ。

次に持ってきた、

も押す!

しかし、

ここで、高宮の欲しいが石橋の河に3枚並ぶ。

そして、このタイミングで高宮は撤退。

 

“勝負出来るなら、全てを粉々に破壊するかのごとく押す”

“ダメなら、きれいさっぱりあきらめる”

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!