KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まり 聖夜によみがえった真紅の闘争心【Mリーグ2020観戦記12/24】担当記者:ゆうせー

高宮はノーテンとなり親は流れてしまったが、いいときの高宮の麻雀が帰ってきたと実感した一局だった。

そして、東4局2本場に、

高宮はメンタンピン一発ツモ裏の3000-6000は3200-6200のアガリを決め、

トップ目村上への挑戦権を得る。

勝負は南場へと移り、南1局

下家の石橋が早々との2副露をしている。が、高宮は、しっかりと不要な牌を打ち抜いていく。

2巡後に、

ドラを重ねた!魅力的なイーシャンテンに!

しかし石橋が、

もポン!3つ晒す積極策に出る。

次巡の高宮、

この手ではオリない。も叩き切る。

 

…ん? ??

「ポン」

石橋の声だ!

堂々たる裸単騎。聖夜も石橋は、卓上で踊る。

待ちのも、どことなく雪を思わせて乙なものだ。

 

だが、他家も黙っているわけにはいかない。

を鳴いた黒沢は、フリテンながらものテンパイを入れた。

ピンズをで晒している村上も、

を押して567三色のテンパイにこぎつけた。

石橋は、

単騎から、ドラの単騎に受け変え。これが最終形だろう。

そして、

「チー」

高宮もやってきた! をチーしてを勝負! 黒沢と村上に対して、強烈な押しだ!!!

全員テンパイとなった、文字通りの勝負局。制したのは…

 

「ツモ」

高宮だ!タンヤオドラドラ1000-2000のツモアガリ!

村上との差をさらに縮めていく。

南2局は石橋がタンヤオ赤をアガる。

そして南3局

高宮の親番。

手牌はそれほど良くはない。だが、高宮は第1打

第2打と、ストレートに手を進めていく。

次巡、祈るように持ってきたのは、

ドラのだ! 順調に手が進んでいく。

7巡目には広いイーシャンテンに。の縦受けも残して攻撃力MAXの構えだ。

11巡目にを引き入れてリーチ!

 

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!