近藤誠一、南場の親番で大ブレイク!! フェニックス、パイレーツをかわして4位浮上!!

近藤誠一、南場の

親番で大ブレイク!!

フェニックス、パイレーツを

かわして4位浮上!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021セミファイナルシリーズ」の8日目、第1戦は近藤誠一セガサミーフェニックス)が、トップを獲得。東場を耐え忍んだ近藤が南場で覚醒、親マンガンを含む4回のアガリで一気に勝負を決め、フェニックスは4位に浮上した。

第1戦の対局者は、EX風林火山勝又健志KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典U-NEXT Pirates朝倉康心、そして近藤の4名。

東場を2000点と2600点の被ツモ失点で耐えていた近藤に、初アガリが訪れたのは南2局。ダブ【南】・赤1の3900点をトップ目の滝沢から直撃する。これによって4者が2万点の僅差に。

南3局、親の近藤がピンフ・赤1をリーチ・ツモの2600オールに仕上げ、近藤がトップ目に立つ。

同1本場では、リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1・ウラ1の4000オールを決めて、一気に突き抜ける。

オーラスも、【北】のみの1000点を2着目・勝又からアガりって自ら勝利を手にし、フェニックスをボーダー上の4位に押し上げた。

近藤はインタビューで、

「ずっと接戦でしたから、(トップを取れて)良かったですとしか言いようがないです。心臓が持たないですね。南2局までアガれなかったので、どうなることかと思ってました、スタイル上ありがちではあるんですけど。(4位浮上について)なんとか一歩ずつ。残り5戦、最後までがんばります」

と語った。

【Result】
1着 近藤誠一・フェニックス 4万5400点/+65.4
2着 勝又健志・風林火山 2万6800点/+6.8
3着 朝倉康心・パイレーツ 1万7800点/▲22.2
4着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 1万00点/▲50.0

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +298.6(10/16)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +159.5(11/16)
3位 渋谷ABEMAS +140.9(10/16)
4位 セガサミーフェニックス +91.9(11/16)
5位 U-NEXT Pirates +77.0(9/16)
6位 EX風林火山 ▲17.9(9/16)

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ8日目

詳細情報
EX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ」
4月1日の対戦はEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

キャスト

EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ8日目

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!