さらば昨日までの自分 ダークサイドに堕ちた魔法少女・白鳥翔【熱論!Mリーグ】担当記者:花崎圭司




熱論!Mリーグ【Mon】

さらば昨日までの自分

ダークサイドに堕ちた

魔法少女・白鳥翔

文・花崎圭司【月曜担当ライター】2018年11月26日

まずは前回の修正とお詫びから。

前回、鈴木たろうプロが麻雀の先生として出演している番組

『さえぴぃのトップ目とったんで!』を『さぇぴいのトップ目とったんで!』と

誤記いたしました。申し訳ありません。

その“さえぴぃ”ことNMB48所属のアイドル・村瀬紗英さんが11/25(日)の

「熱闘!Mリーグ」に初出演されていました!

 

『トップ目とったんで!』の第2代MCを麻雀で競った仲である

乃木坂46の中田花奈さんはすでに3回ほど出られていたので、

ゲストに呼ばれて嬉しかったです。

ネット時代とはいえ、番組を配信する場所は東京。

NMB48は大阪なのでその差がどうしても出てしまいます。

逆に大阪で出演しているラジオ「NMB48学園~こちらモンスターエンジン組~」が面白いので、

ぜひ聞いてください。ラジオだったら東京だと今一番面白いのは「ハライチのターン!」

ハライチの岩井勇気さんは麻雀が強いことでも知られていますが……おっと。

オープニングの雑談トークが長くなってしまいました。

自分の仕事柄とか関係なく、テレビやラジオが好きなのでつい語ってしまいます。

いまMリーグの番組と言えばMリーグの中継と、日曜に爆笑問題・田中裕二さんがMCを

務められている「熱闘!Mリーグ」の2つですが、スポーツ番組が毎日あるように

Mリーグ中継後や中休み日の水曜とかに番組ができないですかねー。

「今日のホームラン」みたいに「今日の満貫」とかを『園田賢 第1号』のような感じで。

どうでしょう?

あと今季のMリーグが終わったら、次のMリーガーの面々も変わってくるはず。

だったらネクスト・Mリーガーの展望・アピールの場とか、

2軍戦的なことができればと思うのです。

対局が早く終わった時用のVTRとして作りたいなあ。

――と結局また脱線王ハナサキになってしまいました。

本題に戻りましょう。

Mリーグ第9週第33節を迎えました。

KONAMI麻雀格闘倶楽部は今節、全80試合中40試合目を迎え、

まさに中間地点、折り返しとなりました。

第1戦の座り順は、

東家・黒沢咲(TEAM雷電)

南家・佐々木寿人(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

西家・白鳥翔(渋谷ABEMAS)

北家・村上淳(赤坂ドリブンズ)

黒沢プロはMリーグで“セレブ打法”として知られるようになり、

「鳴かぬ」「ドラ来る」「裏のせる」

“セレブ三か条”を持っています。

ヒサト(佐々木寿人)プロはMリーグでも「トップ・ラス」のサムライ麻雀を見せつけ、

村上淳プロは礼に始まり礼に終わる「フェアプレー」の精神で戦う、

Mリーガーの鑑となっています。

そして白鳥“ホワイトフェニックス”翔プロ。私の観戦記で中心に書きがちですが、

今回も白鳥プロメインの観戦記になります。

まず思ったのは髪の色……ではなく「ふ、太った?」

白鳥プロはやわらか豆腐メンタルと思われがちですが、ストレスでいっぱい食べたり、

逆に食べられなくなったりということはよくあること。

たぶんそれが表面に出やすいんだろうと思います。

そんな白鳥翔プロがなんとベビーフェイスから“ダークサイド”に堕ち、遂にヒールターン。

「僕と契約して、魔法少女になってよ」

キュゥべえならぬキュゥそうからの言葉があったのか、