鈴木たろう、小林剛の追撃を振り切って個人3位!! ドリブンズはついに6位へ浮上!!

鈴木たろう、

小林剛の追撃を振り切って

個人3位浮上!!

ドリブンズはついに6位へ!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕65日目、第2戦は鈴木たろう赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。2度のドラ3のアガリをきめた鈴木が、バイマンツモで追いすがる小林を振り切り個人8勝目。ドリブンズはついに6位に浮上した。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠U-NEXT Pirates小林剛TEAM RAIDEN / 雷電・本田朋広、そして鈴木の4名。

東1局、南家の鈴木がドラの【8ソウ】アンコの手で【中】をポン。カン【8マン】待ちをツモアガって2000・4000。まずは鈴木が一歩リード。

東3局、北家となった鈴木が【7マン】ポンから仕掛ける。親の小林が【5ピン】を切ると鈴木が「ロン」ドラの【7ピン】がアンコのタンヤオで8000点。鈴木がリードを重ねる。

東4局1本場、ラス目となった小林が6巡目にリーチ。【3ピン】【6ピン】待ちのピンフイーペーコー【3ピン】ならリャンペーコーという大物手。追いついたのが南家の本田。ドラ2・赤2の【3ピン】【6ピン】待ちで追いかけリーチ。同テン対決の結末は、小林のツモアガリ。高めの【3ピン】をツモってウラが2枚。4000・8000で一気にトップ戦線に切り込んでくる。

南2局1本場、わずか1000点差にまで詰め寄ってきた小林を突き放したい鈴木、親番で6巡目にリーチをかける。赤1の【1マン】【4マン】【7マン】待ち(ドラ【7マン】)、3巡後に【4マン】をツモって2000オール。これで小林を突き放す。

オーラスはラス親の沢崎に並ばれた本田が、2本場に小林から【發】のみの1000点をアガって3着を守って試合終了。ドリブンズは麻雀格闘倶楽部をかわして、ついに6位に浮上した。

鈴木はインタビューで、

「(チーム6位浮上について)プラスにはちょっと届かなかったですけれど、先が長いんで、ハイ。とりあえず、ちょっとうれしいぐらいです。今日は進行しやすい手が多くて、楽でしたね。手牌にめぐまれた感じがします」

と語った。

【Result】
1着 鈴木たろう・ドリブンズ 4万1100点/+61.1
2着 小林剛・パイレーツ 3万2400点/+12.4
3着 本田朋広・雷電 1万4700点/▲25.3
4着 沢崎誠サクラナイツ 1万1800点/▲48.2

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +296.9(66/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +230.4(66/90)
3位 EX風林火山 +192.3(64/90)
4位 渋谷ABEMAS +152.3(64/90)
5位 セガサミーフェニックス +50.2(64/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲26.4(66/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲30.4(64/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲885.3(66/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvs雷電vsPirates

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
1月27日の対戦は大和証券 Mリーグ 赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!