地震・竜巻・火事・日吉!? 大嵐に飲み込まれた女海賊・瑞原明奈の運命【Mリーグ2020観戦記2/5】担当記者:真中彰司

地震・竜巻・火事・日吉!?

大嵐に飲み込まれた

女海賊・瑞原明奈の運命

文・真中彰司【金曜担当ライター】2021年2月5日

※文中のセリフはフィクションです。

【2月5日 第1試合】

東家:瑞原明奈U-NEXTパイレーツ

南家:滝沢和典EX風林火山

西家:瀬戸熊直樹TEAM雷電

北家:松本吉弘渋谷ABEMAS

船長・小林剛とキング・石橋伸洋の活躍により、ようやく負債を返し始めたパイレーツ。

カットラインの6位とは約180ポイント差。残り20戦なら、まだ逆転可能だ。

パイレーツが先発に抜擢したのは、女海賊・瑞原明奈

1月26日の試合では不完全燃焼に終わっただけに、今節の気合いは並々ならぬものがある。

その気合に、すぐに牌が答えてくれた。

東1局

最初の親番、この手牌からをポンして切り。

露骨なドラ色のホンイツで他家にプレッシャーをかけつつ、もう1つ字牌を重ねてアガリ切ろうという狙い。

意外にもが重なり、さらにを引き入れて2600オール。先制パンチに成功した。

テンパイ流局を挟んで2本場も順調に手を進める。

しかし、この萬子とドラのくっつきイーシャンテンがなかなか聴牌しない。

「どうしてこの手がテンパイしないの?」

それもそのはず、周りの牌はほとんど滝沢が持っていた。

待ちは悪いがロンで跳満、ツモで倍満の大物手を入れている。

索子を引いても待ちは極薄…と思ったところに、引いてきたのは絶好の

迷わずドラ切りリーチをかける。

「ほら、8位の私に放銃したら上位争いのあなたたちは大損でしょう?」

8位という立場、そして親を最大限に活かした瑞原のリーチ。

上位3チームの他家、特に風林火山と雷電は、通常の親リーチより押し返しづらい。

これをキッチリツモって4000オール。大きなリードを築いた。しかし、これでは十分なリードとは言えない。

今回の対戦相手は暴君の瀬戸熊・ヒットマンの松本・イケメンの滝沢と、打点あふれるメンツ。3万点のリードでは足りない可能性があるのだ。

そして、気がかりなことがもう1つ…実況・日吉辰也である。

パイレーツ戦の実況をするとパイレーツの成績が下がり、特に瑞原の日は逆連対が多いという因縁の相手だ。

もはや他家より実況の方が強敵かもしれない。

かまわず親番を続ける瑞原は、3本場も鳴き三色のペンでテンパイを入れて連荘を狙う。

だが、そこに立ちはだかったのが滝沢。またもツモって跳満の大物手を聴牌。

待ちのうちが瑞原と被っている。

「これ以上瑞原さんを連荘させるわけには…」

といったところで、思わぬ紛れが起こった。

松本がテンパイ料狙いでを両面でチー。

このチーが瑞原の圧倒的リードをグラつかせる「地震」となった。

なんとこのチーで、瑞原のツモになるはずだったが滝沢の手元へ!

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!