二階堂瑠美、個人連勝、チーム3連勝!! 乱打戦を制して風林火山、絶好調!!

二階堂瑠美、

個人連勝、チーム3連勝!!

乱打戦を制して

風林火山、絶好調!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕15日目、第1戦は二階堂瑠美EX風林火山)が、トップを獲得。大きく点棒が動く試合となった第1試合。東ラスとオーラスで2度のハネマンツモアガリを決めた二階堂が個人2連勝。風林火山は3連勝で、どこまで独走を続けるのか…!?

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠TEAM雷電瀬戸熊直樹、そして二階堂の4名。

東1局、345のサンショクの先制リーチで機先を制した西家・二階堂だったが、親の沢崎がダブ【東】ポンのドラ3の手を南家・瀬戸熊から仕留めて12000点。まずは沢崎がリード。

しかし放銃した瀬戸熊、東1局2本場でピンフ・ドラ2をリーチ・一発・ツモ。3000・6000で即座に回復する。

東4局1本場、ラス目の二階堂は11巡目にピンフ・ドラ1・赤2の【3ソウ】【6ソウ】待ちテンパイ(ドラ【3ソウ】)。園田の大物手のリーチが入るが、二階堂が【3ソウ】をツモアガって3000・6000。

トップ目の瀬戸熊に7,900点差で迎えたオーラス、二階堂はイッツー・赤1のペン【3マン】待ちでリーチ。一方の瀬戸熊はすでに【1ソウ】【4ソウ】待ちでテンパイしている。

親の園田もリーチで参戦するが、結果は二階堂が【3マン】をツモアガリ。ウラが1枚乗って3000・6000。

二階堂が瀬戸熊を差し切って個人2連勝。風林火山はチーム3連勝という絶好調ぶりをみせつけた。

二階堂はインタビューで、

「(連勝は)うれしいです。(チーム内で)ちょっと出来すぎだよねという話はしてるので、序盤なのでポイントのことは気にしないで、フラットな感覚でやろうと話してます」

と語った。

【Result】
1着 二階堂瑠美・風林火山 4万300点/+60.3
2着 瀬戸熊直樹・雷電 3万2200点/+12.2
3着 沢崎誠サクラナイツ 2万200点/▲19.8
4着 園田賢・ドリブンズ 7300点/▲52.7

【Total】
1位 EX風林火山 +379.4(15/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +77.8(14/90)
3位 セガサミーフェニックス +19.5(14/90)
4位 渋谷ABEMAS +1.0(14/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲22.9(14/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲67.1(15/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲133.4(15/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲254.3(15/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvs雷電vs風林火山

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電vsEX風林火山

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
10月28日の対戦は赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電vsEX風林火山

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
TEAM RAIDEN / 雷電
EX風林火山
実況:日吉辰哉
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvs雷電vs風林火山

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!