Mリーグ2018ベストオブ【魚谷侑未】〜21人のMリーガー名場面集〜

Mリーグ2018

ベストオブ【魚谷侑未】

21人のMリーガー名場面集

文・真中彰司

 

に愛されたマーメイド~

 

さて、そろそろ皆さんの好きな選手の名場面集は公開されただろうか?

全部見たい!と考えてくれている優しい読者の存在に期待しつつ、今回もMリーグを振り返っていこう。

今回のピックアップ選手は、この人!

皆さんご存知の”最速マーメイド”こと魚谷侑未

私が最も尊敬するプロ雀士の1人である。

昨年は日本オープン・王位という2つのオープンタイトルを獲得していたが、その反動かMリーグでは苦しい展開が続いた。しかし苦しいながらも、持ち前の負けん気の強さで随所に好プレーを披露してくれた。

それでは、魚谷の名場面を紹介していこう。

 

①4枚目のドラの意味 狙いすました単騎待ち

(10/18 第2試合)

まずは10月中旬、Mリーグ開幕直後の試合からピックアップ。

開幕戦で痛恨のハコラスを引いた魚谷が、巻き返しを狙った半荘だ。

魚谷は南3局で3着目。

ドラのが重なり、染め手も視野に入ったが、は既に2枚切れ。

染め手に必要なも残り1枚と2枚だ。

それならば、と魚谷はを選択。

萩原のに合わせ打った感じを出しつつ…

次巡ので完全に受けを払ったように見せた。

字牌が出ていないため七対子には見えるが、単騎とは考えにくいだろう。

そして巡目こそかかったが、ついに狙い通りの単騎を実現させた。

は前巡に寿人が切っている。これは他家も止まらないか?

全国のゆーみんファンが、固唾を飲んでの行方を見つめていた。

って、自分でツモるんかい!

3000-6000で一気にトップに躍り出た魚谷は、そのまま逃げ切って自身初勝利。

所作も手作りも早い魚谷が、その緻密な打ち筋を見せつける一局となった。

 

②IQの荒波に揉まれたマーメイドの結末

(12/13 第1試合)

南3局でトップ目、局消化を目指して早々と2副露した魚谷。

トップから遠ざかっていた時期で、何が何でもトップが欲しいところだった。

カン待ちで最速のテンパイを入れた。

しかし、そこに風林火山が誇る軍師・勝又が立ちはだかる。

魚谷の当たり牌を暗刻にして、待ちの親リーチ。

もう1枚のはたろうの手の中。マーメイドは絶体絶命だ。

しかし、ここから魚谷が怒涛の粘りを見せる。

まずを引き入れ、のシャンポン待ちに変化。

次にを引いて少考し、無筋のをプッシュしてカン待ちに。

1枚通れば2枚通る理論だ。更にを引いての好形変化も見込める。

さぁ、アガれるか…?

この記事のタイトルとURLをコピーする