4連勝か?首位奪還か?ボーダーへの浮上か?それとも復活への第一歩か?見る者全てが固唾を飲んだオーラスの行方【Mリーグ2021観戦記1/27】担当記者:ゆうせー

4連勝か? 首位奪還か?

ボーダーへの浮上か?

それとも復活への第一歩か?

見る者全てが固唾を飲んだ

オーラスの行方

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2022年1月27日

【第1試合】

東家:丸山奏子赤坂ドリブンズ
南家:瑞原明奈U-NEXT Pirates
西家:岡田紗佳KADOKAWAサクラナイツ
北家:瀬戸熊直樹TEAM RAIDEN / 雷電)
解説 土田浩翔  実況 小林未沙

熱いオーラスだった。

点数状況はこのようになっていた。

最初に動いたのは、

丸山だった。

ここまで、

東2局は親の瑞原の仕掛けに屈することなく、1000点をアガり切り、

東3局は岡田の染め手を1300でかわし、

さらに南2局には一通ドラ1で5200は5500を加点。

満貫のツモアガリか、瑞原からの5200以上直撃でまくれる位置に付けていた丸山は、

ここからドラの【北】をポン。ホンイツへと向かう。

さらに【9ピン】を鳴いたあと、

瀬戸熊から放たれた、

【1ピン】もポン。【2ピン】【3ピン】【4ピン】【5ピン】【6ピン】【7ピン】【8ピン】ツモでテンパイする広いイーシャンテンへと手を進めた。

現在7位のドリブンズ。トップを取ればプラスマイナスゼロ付近になるとともに、格闘俱楽部を抜いて6位へと浮上する。残り試合も少なくなってきたここは負けられない。

かたや、

2着目の岡田。

この半荘は、

場に4枚見えていた薄めの【1ソウ】【4ソウ】待ちを、しっかりとリーチに踏み切ってツモアガリ。

その後もトップが狙える位置で踏みとどまっていた。

南4局1本場で丸山が鳴いたドラの【北】を、

切ったのは岡田だった。このときに残した、

【9ソウ】を活かしきって、見事に一通のテンパイを組み上げる。リーチを打って、ツモアガリか瑞原からの直撃でトップだ!!

目下3連勝中の首位サクラナイツ。バトンをつなぐとともに、岡田自身も連勝を決めて完全復活といきたいところだ。

一方、

岡田のリーチと丸山のドラポンに挟まれて、苦しい親番の瀬戸熊。

東場の親番では、

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • Mリーグほぼ毎日4コマ2巻発売中!