オープンリーチとは − 自身の待ちをさらしてかけるリーチ(ローカル役)

オープンリーチとは − 自身の待ちをさらしてかけるリーチ(ローカル役)

オープンリーチとは、自身の待ちをさらしてかけるリーチのこと。アガった場合は2翻役として数えることが多い。

オープンリーチの取り決めについて

オープンリーチはローカル役で、競技麻雀では採用されておらず、フリー雀荘などでもオープンリーチを認めていないところは多いので、事前の確認が必要だ。

オープンリーチ時の細かい取り決めについては、以下のようなものがある。

供託リーチ棒

一般的には、通常のリーチ棒1000点に加え、もう1000点を場に供託することが多い。

手牌の公開

待ちの部分だけをオープンする、もしくは手牌全てを公開する。

振り込みについて

オープンリーチに対してリーチ者が振り込んだ場合は2翻手役となるが、非リーチ者が誤って振り込んでしまった場合の裁定には、以下のようなものがある。

役満払い

振り込んだ相手に対し、役満に相当する点数を支払う。なお、完全に手詰まったとき(手牌全てがオープンリーチのロン牌になってしまった場合)も、同様の扱いとなる。

アガリ放棄

切った牌を手牌に戻し、その局はアガリ放棄となる。

ノーカウント

打牌をノーカウントとし、手牌に戻してやり直す。

オープンリーチの使い方

オープンリーチは、以下のケースのときに使われることが多い。

打点が欲しいとき

ハネ満ツモ、倍満ツモなどの逆転条件をクリアしたいときに、直撃ではなくツモを狙って打点を作る。

絶対にツモりたいとき

ツモり四暗刻やツモ条件の場合など、絶対にツモりたい手のときに、出アガリを拒否するためにかける。フリテン見逃しがが認められていないルールのときなどは有効。

相手が手詰まりを起こしそうなとき

相手がたくさん鳴いていて手牌4枚、あるいは1枚になっていて、自身の手が多メンチャンの門前テンパイのときに、相手の手詰まりによる役満放銃を期待してかける。

  • オープンリーチとは − 自身の待ちをさらしてかけるリーチ(ローカル役)

    この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/