麻雀用語一覧

麻雀用語一覧

■あ行
間四軒(あいだよんけん)放銃となる可能性が高い裏スジが2つ重なった状態

頭ハネ(あたまはね)
同時ロンアガリで、放銃した人から見て次にツモる人がアガれるルール

後付け(あとづけ)
最初のチーやポンでは役がないが、後から役が確定する鳴き方

亜リャンメン(ありゃんめん)
雀頭(アタマ)とリャンメンの搭子がくっついた形

入り目(いりめ・はいりめ)
テンパイするときに引いたツモ牌

浮き牌(うきはい)
メンツやターツとして機能していない牌

上ヅモ(うわづも)
2段に積まれたツモ山の上側の牌

裏筋 / 裏スジ(うらすじ)
同色牌で捨て牌の隣の牌を含むスジ

■か行
壁(かべ)
特定の数牌が自分から4枚見えている状況、ノーチャンスとも呼ばれる

空テン(からてん)アガリ牌が山に残っていないテンパイ

空切り(からぎり)
手牌と同じ牌をツモったときに手牌のほうを切るテクニック

ガン牌(がんぱい)
牌に傷や汚れをつけて牌を判別するイカサマ

■さ行
差しウマ(さしうま)
対局終了時の順位で行う点数のやりとり

差し込み(さしこみ)
意図的にテンパイしている他家に振り込む行為

地獄待ち(じごくまち)
場に2枚出ている牌を待ちにしたタンキ待ちの形

絞る(しぼる)
他家に必要そうな牌を捨てずに手牌に残すテクニック

少牌(しょうはい)
手牌が通常の13枚よりも少ない状態

生牌(しょんぱい)
まだ場に1枚も見えていない牌のこと

■た行
代走(だいそう)
一時離席のときに他の打ち手に代わりに打ってもらう行為

ダマテン
門前でテンパイしているがリーチをかけていない状態

■な行
中ブクレ
順子の真ん中の牌が2枚以上ある状態

中抜き
完成しているメンツ(順子)から真ん中の牌を抜いてオリる技術

二度受け
同じスジの牌を必要とするターツが2つある状態

二鳴き
ポンできる牌を1枚目はポンせず2枚目が出たときにポンすること

■は行
ポンカス
他家にポンされた牌と同種の4枚目の牌

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • キンマwebの人気コンテンツ

    • Mリーグ最新記事が無料で読める - 記事ページ
    • 麻雀店検索サイト