盲牌(もうぱい)とは − 牌の図柄を見ずに指で触って牌を識別すること

盲牌(もうぱい)とは − 牌の図柄を見ずに指で触って牌を識別すること

盲牌とは、麻雀牌の凹凸を指で触ることで何の牌かを見ずに識別することを指す。指先の感覚だけで牌を識別する技術。

打牌スピードの向上などメリットはあるが、不慣れだと余計に時間がかかるだけでなく、切り間違えや相手の読みの要素になることなどから、過度な盲牌は推奨されない。

麻雀の直接的な技術向上にはほとんど関わらないが、牌の感触を楽しむという意味では、リアル麻雀特有の要素の一つだと言える。

麻雀牌の種類と読み方は以下の記事でまとめているので参考に。
麻雀牌の種類と読み方 – 字牌7種(風牌・三元牌)&数牌27種の計34種類

麻雀遊戯王の盲牌チャレンジ企画。

  • 盲牌(もうぱい)とは − 牌の図柄を見ずに指で触って牌を識別すること

    この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/