日向藍子、オーラス目が覚める大逆転!! 萩原聖人の悲願を打ち砕き、3勝目獲得!!

日向藍子、

オーラス目が覚める大逆転!!

萩原聖人の悲願を打ち砕き、

3勝目獲得!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020の開幕46日目、第1戦は日向藍子渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。リードする魚谷を、南場で差した萩原がトップでゴールインかと思われたが、オーラスの日向のイーペーコー・ドラ3・リーチ・一発・ツモのハネマン親被りで大逆転。日向が3着から一気にトップへ駆け上がった。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大セガサミーフェニックス魚谷侑未TEAM雷電萩原聖人、そして日向の4名。

東1局は、西家・魚谷がリーチ・ピンフ・ウラ2のマンガンを北家・萩原から、東3局1本場はふたたび魚谷がリーチ・ピンフ・ウラ1の5800点を西家・日向からアガって、序盤は魚谷が先行する。

東4局、前原がと仕掛けてソーズのホンイツトイトイに向かってドラののトイツに手をかける。そのさなかの11巡目、日向がカン待ちの123サンショクでリーチをかける。前原はリーチを意に介さず、ドラのを一発目に切り、さらにをポンしてのシャンポン待ちでテンパイ。しかし、前原、牌山に1枚のを引き当ててしまい、日向に5200点の放銃となってしまう。

南1局7巡目、萩原がイーペーコー待ちでリーチをかけると、前原がタンヤオ・赤2の十分形になったがゆえに3枚持ちのに手がかかって一発放銃。ウラが1枚乗って8000点。これで萩原が2番手に浮上する。

そして南3局1本場、3巡目に萩原が先制リーチ、そして一発ツモ! ウラ1の2000・4000で、ついに萩原がトップに立つ。

萩原悲願の初勝利かと思いきや、12巡目に日向からリーチが入る。萩原との点差は1万6600点と、逆転にはハネマンツモが必要。日向の手はイーペーコー・ドラ3の待ち。牌山にはが1枚残っているだけ。日向のリーチ棒によって、3着浮上の条件が緩和された前原がチートイツで追いかけリーチ。結果は日向が一発ツモ! 萩原ののぞみを打ち砕く3000・6000で、日向が3勝目を獲得した。

日向はインタビューで、

「疲れましたし、捲れたんだって思って、まだなんかふわふわしてます。うちの姉が結婚して、子供の性別が今日わかって、その連絡をもらってすごくうれしくて、男の子でした。姉のために今日頑張るからみててねという話をしていて、トップをとれたのでうれしいです」

と語った。

【Result】
1着 日向藍子・ABEMAS 3万5500点/+55.5
2着 萩原聖人・雷電 3万3100点/+13.1
3着 魚谷侑未・フェニックス 2万9200点/▲10.8
4着 前原雄大麻雀格闘倶楽部 2200点/▲57.8

【Total】
1位 EX風林火山 +376.8(46/90)
2位 渋谷ABEMAS +323.3(45/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 72.7(45/90)
4位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲64.3(45/90)
5位 赤坂ドリブンズ ▲85.6(46/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲96.3(46/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲190.5(46/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲336.1(45/90)

「大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックスvs雷電」

詳細情報
KONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
12月22日の対戦はKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:鈴木たろう
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!