かつてない拮抗した状況の2021-22ファイナル。求められるのは安定感か、それとも爆発力か…?【Mリーグ2021-22 ファイナル観戦記 4/18】担当記者:危険な鬼太郎

かつてない拮抗した状況の

2021-22ファイナル。

求められるのは安定感か、

それとも爆発力か…?

文・危険な鬼太郎【月曜担当ライター】2022年4月18日

どのチームが優勝すると思うか? と聞かれると正直迷うが、やはり堅い所を言えばアベマズとサクラナイツか。

この2チームはMリーグに参入してから毎年ずっと決勝まで残っている安定感抜群のチーム。

しかし決勝は僅か12半荘の短期戦。勝つために求められるのは安定感ではなく圧倒的な爆発力。決勝に残った4チームすべてに爆発力のある選手が揃っているので勝負がどう転ぶのかは予想できない。

【2回戦】

東家:高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部
南家:近藤誠一セガサミーフェニックス
西家:堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ
北家:日向藍子渋谷ABEMAS

東1局 親・高宮 ドラ【7マン】

親番の高宮が幸先よく聴牌をしてリーチ宣言!

リーチピンフドラ赤の【4ソウ】【7ソウ】待ち。なんとこの待ちが自身で1枚使っているのにも関わらず、山に6枚も眠っていた。

ツモアガリが約束された待ちかと思いきや… 数巡経ってから高宮が【4ピン】をツモ切ると、

【4ピン】【7ピン】待ちで親の現物待ちのヤミテンを入れていた堀からロンの声。高宮が堀にピンフ一盃口赤赤の8000の放銃となる。

1回戦ラスの麻雀格闘倶楽部。中々不調を脱することが出来ない。

この後も高宮はドラの暗槓を入れて反撃を試みるも、

 

堀が鳴いてキチンと自身でアガって高宮の勝負手を捌き、堀一人だけちょっと点棒を伸ばした状態で東4局を迎えた。

東4局 親・日向 ドラ【西】

高宮が聴牌をしたが、リーチをせずにヤミテンを選択する。

待ちは【3ピン】【6ピン】【6ソウ】の変則三面張で強く、打点もタンヤオ赤もあるのでリーチかと思いきや案外慎重に見える。

この高宮の手牌、仮にソウズが伸びて三面張になったとしても場合によってはタンヤオが消える場合がある。故に即リーチが普通だとは思うが、高宮は待ちの良さを優先したか。それか高宮はマンガンが不服で、三暗刻変化やソウズの一盃口変化も強く見たのかもしれない。

そして次巡、

高宮は【4ソウ】を引いて待ちを【2ソウ】【5ソウ】に変えてのリーチ宣言! 自分の目から【4ソウ】が3枚見えているのでこの【2ソウ】【5ソウ】待ちは絶好に見える。

そして高宮は見事に【5ソウ】をツモ!

リーチツモタンヤオ赤の2000-4000のツモアガリ。これを格闘倶楽部の反撃の烽火と出来るか。

南1局 親・高宮 ドラ【北】

親番の高宮が手を緩めずに続けさまにリーチ宣言!

ドラの【北】単騎。そしてこれに立ち向かったのがラス目でドラが重なった日向。リーチの一発目にドラを引いて

中筋の【5マン】を切ってホンイツに向かう。道中で切る【3マン】は勝負になってしまうが、高宮のリーチには通ってない筋が多すぎるのでこの浅い巡目ならば余裕で勝負できる。

しかし上家の堀から【4マン】を切られると日向は方針変更して【4マン】をチーし、

ペン【3ピン】を払って字風でドラの【北】【中】の字牌のバックに構える。そしてすぐに高宮から【中】が切られたので日向はこれを勿論ポン!

これで日向が【中】ドラドラ赤の8000点のカン【8ピン】の聴牌。そして高宮が【8ピン】を掴んで、

日向が高宮から8000点を直撃してこれで3着目に立つ。日向の柔軟な攻めがアガリを呼び込んだ。

しかしこの半荘でトップに立ったのは堀。東1局でリードしてから他家が先手を取ると手を安全に進め、いざ南2局で2着目の近藤の親番になると、

このツモ一盃口ドラ赤赤の2000-4000のアガリを決めるなど、一切他家に隙を見せず、他家に影も踏ませぬ勢いでチームにトップを持ち帰ることに成功した。

そして案の上、堀はトップを取ると嬉の感情しか持てなくなるのでインタビューの席で今の気持ちを聞かれて

言葉短く「嬉しいです」と述べていた。それと同時に皆が引くぐらい打つ! とも宣言した。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!