東城りお、大混戦を攻めきってフェニックス2勝目獲得!! 200ポイント超の大台へ!!【Mリーグ2021-22 ファイナル】

東城りお、

大混戦を攻めきって

フェニックス2勝目獲得!!

200ポイント超の大台へ!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ」の2日目、第2戦は東城りおセガサミーフェニックス)が、トップを獲得。終始攻めに徹した東城が、最後まで攻めきって混戦を制した。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾KONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗渋谷ABEMAS多井隆晴、そして東城の4名。

東場は、堀が東城からマンガン直撃、伊達が多井からマンガンの直撃、さらに伊達が堀からホンイツ【東】【發】【中】・ドラ1のハネマンを直撃と大物手の直撃が飛び交う展開に。

南1局1本場、手は入るもののアガリに結びつかなかった東城に、ようやくアガリが出る。リーチ・ピンフ・赤2・ウラ1の親マンガン。この直撃で東城がトップ目に浮上する。

2着の伊達と3500点差でむかえたオーラス。東城は果敢に喰いタンヤオで仕掛けて、多井から1000点を討ち取って試合終了。

東城が近藤に続いて、フェニックスに2勝目を持ち帰った。

東城はインタビューで、

「めちゃくちゃうれしいです! 見ました? メンツ! ほんとにプレッシャーがすごかったので、その中でトップを取れてうれしいです。手が入ってしょうがない、ドラと赤がすべて集まってくるっていう、手が入り続けてくれたのでなんとかトップを取れてうれしいです」

と語った。

【Result】
1着 東城りお・フェニックス 3万4100点/+54.1
2着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 2万9600点/+9.6
3着 堀慎吾サクラナイツ 2万1200点/▲18.8
4着 多井隆晴・ABEMAS 1万5100点/▲44.9

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +218.8(4/12)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +119.6(4/12)
3位 渋谷ABEMAS +43.5(4/12)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲43.0(4/12)

朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ2日目

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ」
4月19日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:小林未沙
解説:松ヶ瀬隆弥
解説:二階堂瑠美
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ2日目

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!