白鳥翔、追いすがる茅森早香を振り切って、ABEMASに初勝利をもたらす!!【Mリーグ2021-22 ファイナル】

白鳥翔、追いすがる

茅森早香を振り切って、

ABEMAS初勝利!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ」の2日目、第1戦は白鳥翔渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。開局に親ハネマンをツモアガった白鳥が、茅森の追撃をかわして逃げ切り。ABEMASにファイナル初勝利をもたらした。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人セガサミーフェニックス茅森早香、そして白鳥の4名。

東1局、親の白鳥がピンフタンヤオ・ドラ2・赤1の【2ソウ】【5ソウ】【8ソウ】待ちをテンパイ、ヤミテンにしてツモアガリ。開局の6000オールで一気に白鳥が抜け出す。

同1本場、西家の茅森がリーチ・ツモ・【東】リンシャンカイホー・ドラ1・ウラ2の3000・6000のツモアガリ。以降、逃げる白鳥と追う茅森という展開に。

白鳥が、1000・2000、5200、8000とアガリを重ねて東場を大きくリードする。南場は茅森が3900、1500、4000オールとアガって差を詰める。

茅森は、ハネマンツモ・マンガン直撃圏内まで白鳥を追い詰める。オーラス1本場でマンガンのテンパイを入れるが、直撃は叶わず流局で試合終了。白鳥が、ABEMASにファイナル初勝利を持ち帰った。

白鳥はインタビューで、

「ちょっと安心しましたね。これ以上離されるとまずいと思っていましたので。残り10戦って長いようですごく短いので、なんとか差を詰めることができたらなと思ってたので、最高の1勝になったかなという感じです」

と語った。

【Result】
1着 白鳥翔・ABEMAS 5万1400点/+71.4
2着 茅森早香・フェニックス 4万1100点/+21.1
3着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 6000点/▲34.0
4着 堀慎吾サクラナイツ 1500点/▲58.5

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +164.7(3/12)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +138.4(3/12)
3位 渋谷ABEMAS +88.4(3/12)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲52.6(3/12)

朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ2日目

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ」
4月19日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:小林未沙
解説:松ヶ瀬隆弥
解説:二階堂瑠美
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ2日目

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!