茅森早香、バイマンに小三元と、怒濤の親番攻勢で5勝目獲得!! フェニックスが蘇るか!?

茅森早香、

バイマンに小三元と、

怒濤の親番攻勢で

5勝目獲得!!

フェニックスが蘇るか!?

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020の開幕46日目、第2戦は茅森早香セガサミーフェニックス)が、トップを獲得。東場の親でバイマン・マンガンと連発した茅森が、余裕のトップで5勝目獲得。マイナスを200ポイント台にもどして、反旗を翻すかたちとなった。

第2戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部藤崎智渋谷ABEMAS松本吉弘TEAM雷電瀬戸熊直樹、そして茅森の4名。

東1局、10巡目に南家の茅森が先制リーチをかける。ドラ1・赤1の待ち。そして追いかけリーチを宣言した松本が横においた牌が。茅森が5200点を先制ゲット。

そして次局、親を迎えた茅森がまたも先制リーチ。ドラ2・赤1ののシャンポン待ち(ドラ)。次巡、南家の瀬戸熊がピンフ・ドラ1・赤1の待ちで追いかける。しかし瀬戸熊、ラス牌のを掴んでしまい、ウラドラが! リーチ・ドラ3・赤1・ウラ3の親バイマン。24000点で茅森が大きくリードする。

さらに同2本場、茅森が6巡目にをポンして単騎待ちでテンパイ。瀬戸熊が、自分で1枚切っているをツモ切って放銃。茅森の手にはなんとがアンコ。小三元の親マンで12000点の放銃。茅森、東2局の時点で7万点オーバーに。

こうなると焦点は2着争いに。南2局1本場、松本がチートイツ・赤1のリーチをかけ、受けた茅森がトイツのに手をかける。するとこれが松本のアタリ牌。この6400点を決めた松本が、2着を決めて試合終了。茅森が今季5勝目を獲得し、フェニックスが反撃の狼煙をあげた。

茅森はインタビューで、

「昨年南家にけっこう座ったんですけど、成績がすごく悪くて2戦目始まるとき監督が悩んでました。なのでここでトップを取ってやろうって思ったら、いい手が来ましたね。ちょっと南家苦手だなという気持ちがあったので、それがなくなればいいなと思います」

と語った。

【Result】
1着 茅森早香・フェニックス 5万4200点/+74.2
2着 松本吉弘・ABEMAS 2万4600点/+14.6
3着 藤崎智麻雀格闘倶楽部 2万2100点/▲17.9
4着 瀬戸熊直樹・雷電 ▲1万900点/▲70.9

【Total】
1位 EX風林火山 +376.8(46/90)
2位 渋谷ABEMAS +337.9(46/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 54.7(46/90)
4位 赤坂ドリブンズ ▲85.6(46/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲96.3(46/90)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲135.2(46/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲190.5(46/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲261.9(46/90)

「大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックスvs雷電」

詳細情報
KONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
12月22日の対戦はKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:鈴木たろう
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!