東風戦(とんぷうせん)とは − 東4局で終了となる麻雀のゲーム形式

東風戦(とんぷうせん)とは − 東4局で終了となる麻雀のゲーム形式

東風戦(とんぷうせん)は麻雀におけるゲームの単位の一つ。通常の南4局まで行うゲームを「半荘」「東南戦」と呼ぶのに対し、東風戦は東4局でゲーム終了となる。通常の半分の長さしかないということで、一つのアガリや放銃が最終順位に直結しやすい。

一荘、半荘、東風戦など、麻雀の試合単位については以下の記事で解説。
麻雀の場所決め / 起家(チーチャ)=最初の親の決め方

  • 東風戦(とんぷうせん)とは − 東4局で終了となる麻雀のゲーム形式

    この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/