アリアリとは ‐ 喰いタンあり、後付けありのルール

麻雀ルール・アリアリの解説

アリアリとは

アリアリとは、麻雀の鳴きに関するルールのひとつ。

喰いタン(鳴いて作ったタンヤオ)あり、後付けありのルールのこと。

アリアリアリナシナシアリナシナシのような形で喰いタン後付けを認めるか認めないかを表している。アリアリを採用しているルールが比較的多い。

基本的に1つ目が喰いタンのアリ/ナシ、2つ目が後付けのアリ/ナシを指しており、「喰いタン〇〇後付け〇〇」という順序で表され、アリナシの組み合わせだけで示される場合が多いので要注意。

喰いタン

ポン・チー・カンのことを「副露」或いは「鳴き」と呼ぶが、副露することを「喰う」と言うこともあり、鳴いて(喰って)作ったタンヤオを「喰いタン」と呼ぶ。多くの場合役として認められているが、ルールによって認めていないこともある。


 ポン チー ロン

 

この牌姿の場合、タンヤオ以外に成立する役がないので、喰いタンを認めないルールではアガることができない。
(なお、ではタンヤオの成立条件を満たさないので、どちらのルールでもアガることはできない)

まとめ

アリアリ喰いタンあり後付けあり

アリナシ喰いタンあり後付けなし

ナシアリ喰いタンなし後付けあり

ナシナシ喰いタンなし後付けなし

アリアリのルールを採用していることが多いが要確認。

麻雀入門におすすめ!
\近代麻雀戦術シリーズ/
  • 麻雀ルール・アリアリの解説

    この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!