緑一色(リューイーソー)とは? 索子の23468と發のみを使って手を揃えると成立する役満 ‐ 麻雀役解説

麻雀役の説明 リュウイ―ソー

緑一色(リューイーソー)は6種類の緑色の牌のみを使って手を揃えると成立する役満です。具体的には、索子の23468と發のみを使って役を作ります。緑一色は条件を覚えやすいですが、出現頻度が比較的低めの役満です。

緑一色は一般的に採用されている役のなかでは唯一、使用する牌の色が条件となっている珍しい役です。また、役満のなかで唯一、役と直接関係する部分をチーすることができる役です(ポンできる役満は少なくない)。

緑一色はアメリカで考案された役で、英語の「All Green」を訳したものが名前の由来です。緑一色=「みどりいっしょく」と役名で条件がわかるので、覚えやすい役と言えるでしょう。条件が使う牌の種類が限定されているので、あまり多くの役満と複合できませんが、一部の役満とは複合が可能です。

緑一色(リューイーソー)が成立する条件

緑一色は、の6種類の緑色の牌のみを使って手を揃えると成立する役満です。清一色(チンイツ)もしくは混一色(ホンイツ)の形になります。門前でなくとも成立し、の部分でならチーも可能です。

緑一色(リューイーソー)

  • 緑色の牌のみを使う
  • 門前でなくてもOK

緑一色=だけで手を揃える
 【2ソウ横向き】 【發 横向き】 アガリ

成立する例

緑一色は、6種類の牌のみを使って手を揃えることで成立しますが、6種類すべてを使わなければいけないわけではありません。たとえば以下のような、を使わないチンイツの形でも成立します。

 【4ソウ横向き】 アガリ

不成立となる例

緑一色は、リャンメン形でテンパイした場合などに、高目と安目がある形になることがあります。その場合、3900点になるか32000点になるかという、壮大な打点の差が生まれることもあります。

   【8ソウ横向き】 【發 横向き】 アガリ
30符3翻3900点

緑一色(リューイーソー)と複合する役満

役満の複合が認められている場合、緑一色は主に以下の役満と複合することができます。

緑一色(リューイーソー)+ 四暗刻(スーアンコウ)

緑一色は、使う牌の種類こそ制限されていますが、形の指定はないので、暗刻を4つ揃えられれば四暗刻(スーアンコウ)と複合します。

 アガリ

四暗刻(スーアンコウ)とは? 暗刻を4つ作ると成立する役満

緑一色(リューイーソー)のまとめ

緑一色は、使う牌の色が条件となっている珍しい役満です。出現頻度はかなり低く、使える牌の種類が少ないことから難易度も高いです。また、鳴いても良いとはいえ鳴くと目立つので、警戒されやすくなってしまいます。

ただ、条件が色であるがためにアガリ形の見た目は非常に美しく、役満のなかでも一定の人気を集めている役という面もあります。

以下の記事で緑一色をはじめ、役ごとの飜数を一覧でまとめています。

【麻雀役一覧 】1〜6飜役・役満の成立条件、成立例、鳴きOK・鳴き不可がひと目でわかる役名リスト【近代麻雀編集部監修】

2021.11.16

麻雀の点数は以下の記事を参考にしてください。早見表にしてまとめています。

【麻雀点数表 ・点数計算早見表】子・親のアガリ点、ピンフ・七対子の点数計算一覧

2021.11.16
  • 麻雀役の説明 リュウイ―ソー

    この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/