魚谷侑未、いきなり国士無双!! 最高打点記録を更新して絶好調!!

魚谷侑未、
いきなり国士無双!!
最高打点記録を更新して
絶好調!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の84日目第1戦は、魚谷侑未セガサミーフェニックス)がトップを獲得。

開局、魚谷がいきなり国士無双をツモって視聴者の度肝を抜く。その後も魚谷が攻めて攻めて攻め倒す一人舞台。最高打点記録を打ち立て、9勝目を獲得。個人成績も村上に次ぐ2位に浮上した。

1回戦の対局者は、U-NEXT Pirates石橋伸洋KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大渋谷ABEMAS松本吉弘、そして魚谷。

東1局、8巡目に西家・松本がリーチ。ピンフ・ドラ1・高目タンヤオ待ち。ところが、すでに南家・魚谷が国士無双待ちをテンパイしていた。しかもは松本の現物。掴めば出ると思われたこの、結果は魚谷のツモアガリ。いきなり大量のアドバンテージを築く。

東2局、河にピンズをばらまいたカン待ちで魚谷がリーチ。松本がツモ切り放銃、ドラ1の3900点。

同1本場は、石橋が自風をポンしてピンズのホンイツ狙い。これに対して魚谷が4巡目リーチ、そして一発ツモ! ドラ1の4000オール。

同2本場、石橋がと仕掛けて単騎待ちの小三元テンパイ。石橋がをツモ切ると、魚谷と松本からロンの声。アタマハネで魚谷のタンヤオピンフ・赤2の12000のアガリ。

東3局にはカン待ちをリーチ・一発・ツモ。ドラ1・赤1のマンガン。この時点で、魚谷の持ち点は94,500点。これで沢崎の持つ記録を更新。

魚谷が、記録を更新する特大トップで個人2位に浮上した。一方、ハコラスとなったパイレーツは7位のドリブンズと1600点差にまで迫り、俵に足がかかった。

勝利者インタビューで魚谷は「ニヤニヤが止まりません。麻雀って最高に楽しいなと思いました。この気持ちを皆さんにお伝えしたいです。国士無双は得意な役じゃないんですけど、手が震えるのを隠すのに必死でした。打ってるときには最高打点が分からなかったんで、でも自分のやれることを精いっぱいやるだけだと思ったので、結果がついてきてすごくうれしいですと笑顔で語った。

▲目の覚める東1局・国士無双

【Result】
1着 魚谷侑未・フェニックス 9万4400点/+114.4
2着 松本吉弘・ABEMAS 1万4600点/▲5.4
3着 前原雄大麻雀格闘倶楽部 1000点/▲39.0
4着 石橋伸洋・パイレーツ ▲1万000点/▲70.0

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +536.8(83/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +113.2(83/90)
3位 TEAM雷電 +59.0(84/90)
4位 渋谷ABEMAS +37.3(83/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ +6.6(84/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲148.0(83/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲149.6(84/90)
8位 EX風林火山 ▲475.3(84/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

2月27日の対戦は
Pirates vs フェニックス vs 麻雀格闘倶楽部 vs ABEMAS

キャスト

U-NEXT Pirates
セガサミーフェニックス
KONAMI 麻雀格闘倶楽
渋谷ABEMAS
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券Mリーグ2019 U-NEXT Pirates vs セガサミーフェニックス vs KONAMI麻雀格闘倶楽部 vs 渋谷ABEMAS

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!