九種九牌(キュウシュキュウハイ)とは ‐ 配牌時に字牌と数牌の1と9が9種類&9枚以上ある場合に流局できるルール

麻雀の九種九牌の解説

九種九牌(キュウシュキュウハイ)とは

九種九牌は、最初の配牌の時点で么九牌(ヤオチューパイ=字牌と数牌の1と9)が「9種類以上」、かつ「9枚以上」ある場合、手牌を公開して流局にできるルールです。宣言したときのみ適用され、宣言しないときはそのままゲームを続行します。

正式名称は九種么九牌倒牌(チュウシュヤオチュウハイトウハイ)。省略形、かつ日本語読みの九種九牌(キュウシュキュウハイ)で呼ぶことがほとんどです。

九種九牌は、あまりにも手牌が悪いときの救済措置として設けられたルールです。么九牌を多く含む手牌なので国士無双を狙いやすくなるため、九種九牌を宣言しない選択肢もあります。

ただし、九種九牌を含む、途中流局をいっさい採用していないルールもあるため、事前の確認が必要です。

九種九牌が成立する条件/成立しないケース

九種九牌は、以下の条件が整うと成立します。九種は異なる牌が9種類、九牌は么九牌(字牌、数牌の1・9)が9枚以上あるという意味です。

九種九牌が成立する条件

九種九牌が成立する条件

  • 最初の配牌の時点で”字牌と数牌の1と9が「9種類」かつ「9枚以上」ある”
    → 親:配牌時(14枚の状態)
    → 子:第1ツモの時点
  • 九種九牌以上(九種十牌、九種十一牌、十種十牌など)ある
  • 他家が鳴く前に九種九牌を宣言する

九種九牌の例(親)=么九牌が9種類&9枚
麻雀の九種九牌の例

九種十牌の例(親)=么九牌が9種類&10枚
麻雀の九種十牌の例

十種十牌の例(親)=么九牌が10種類&10枚
麻雀の十種十牌の例

九種九牌が成立しないケース

九種九牌が成立しないケース

  • 八種九牌など条件を満たしていない
  • 他家が鳴いている(チー、ポン、カン)
  • 九種九牌を宣言していない(宣言しないと成立しない)

八種九牌(親)の例==么九牌が8種類&9枚、么九牌が9枚あるが8種類しかない
麻雀の八種九牌の例

他家がダブルリーチをした場合は?

他家がダブルリーチ(1巡目にリーチ)をかけた場合、九種九牌のほうが優先され、流局となります。ダブルリーチは鳴きではないため、非成立のケースには当てはまりません。

九種九牌で流局した後の親はどうなる?

九種九牌が宣言された場合、親は連荘するのでしょうか?それとも流れるのでしょうか?

これはルールによります。九種九牌後も連荘するルールもあれば、九種九牌で親が流れるルールもあります。連荘するルールを採用するケースが多いですが、事前に確認しておきましょう。

九種九牌以上あれば国士無双を狙うべき?

国士無双は、以下のように13種の么九牌すべてを揃え、いずれかひとつを対子にすると成立する役満です。


待ち

手牌が九種九牌になったとき、流局にするか、国士無双を狙うかは迷うところです。国士無双は役満なので難易度は高いものの、役満の中では出現頻度が比較的高いため、手牌によっては狙ってもいいかもしれません。

ただし、九種九牌は配牌時/第1ツモの時点で宣言すること、他家が鳴く前に宣言しないといけないので、早い決断が必要となります。また、途中で他の役に変えるのが難しく、捨て牌が特殊になるので推測されやすい点にも注意してください。

九種十牌、九種十一牌、十種十牌など、么九牌が多い手牌のときに狙うと確率は高くなるでしょう。九種九牌自体の出現率が低いので、九種九牌以上が来れば、勝負をかけて狙うのもいいかもしれませんね。

↓麻雀の基本ルールをまとめて読みたい方はこちら

麻雀初心者のための麻雀ルール解説、11のステップで覚える麻雀の基礎

2021.02.01

  • 麻雀の九種九牌の解説

    この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!