和久津晶、連続一発ツモで4勝目!! 渇望した7位脱出をはたして、さらなる上位を臨む!!

和久津晶、

連続一発ツモで4勝目!!

渇望した7位脱出をはたして、

さらなる上位を臨む!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕64日目、第1戦は和久津晶セガサミーフェニックス)が、トップを獲得。東場の3度のアガリで一気に6万点超えの点棒を稼いだ和久津が、南場を丁寧に守りきって4勝目をあげた。フェニックスは待望の6位浮上で、ドリブンズが7位に降着となった。

第1戦の対局者は、TEAM雷電瀬戸熊直樹赤坂ドリブンズ村上淳U-NEXT Pirates瑞原明奈、そして和久津の4名。

東1局、南家の瀬戸熊が先制リーチをツモアガリ。ピンフイーペーコー、そしてウラ2の3000・6000。まずは瀬戸熊がリードを奪う。

東2局3本場。和久津の猛攻が始まる。まずはツモ・イーペーコー・赤2の2000・4000。

東3局には5巡目リーチの一発ツモ。ピンフ・赤3の3000・6000で瀬戸熊をかわしてトップに立つ。

親番の東4局では、11巡目リーチの待ちを高めのをふたたび一発ツモ。タンヤオピンフイーペーコーの6000オール。一気に6万点オーバーの大きなリードを築く。

南場に入ると、親への放銃を丁寧に避けて点棒を守る。オーラスはラス抜けを図った村上が、リーチをかけるが流局で試合終了。和久津が4勝目を獲得し、フェニックスは待望の6位にランクアップした。

和久津はインタビューで、

「チームが一番盛り上がっているところで、ラスはすごい盛り下がってしまうので、気合い入れて打ったんですけど、卓に入ると引き気味に打ってしまって、東1局に瀬戸熊さんに放銃しなくて耐えたなというイメージがあって、そのまま頑張りました」

と語った。

【Result】
1着 和久津晶・フェニックス 5万8800点/+78.8
2着 瀬戸熊直樹・雷電 2万3300点/+3.3
3着 瑞原明奈・パイレーツ 1万3400点/▲26.6
4着 村上淳・ドリブンズ 4500点/▲55.5

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +597.6(64/90)
2位 EX風林火山 +250.2(64/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 17.9(64/90)
4位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲49.2(63/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲109.5(64/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲125.5(63/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲164.6(63/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲416.9(63/90)

「大和証券Mリーグ2020 ドリブンズvsフェニックスvs雷電vsPirates」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
1月26日の対戦は赤坂ドリブンズvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:佐々木寿人
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!