【麻雀スリアロチャンネル】田口淳之介 炎の七番勝負~第四戦~

8月30日14時より、麻雀スリアロチャンネルおよびYoutube「麻雀プロ団体LIVEチャンネル」にて「田口淳之介炎の七番勝負~第四戦~」が配信された。

タレントの田口淳之介さんがトッププロと戦う放送対局の第四戦目。

七番勝負の折り返しとなる今回の対局は、ネット麻雀「天鳳」で勇名を馳せた強豪プロ雀士たちが対戦相手に。ここまで1勝2敗の田口淳之介は、勝ち星を五分に戻すべく、これまでの対局で幾度となく見せてきた守備的な打ち回しだけでなく、攻撃的な面も随所で披露していく。

2回戦の東1局では番組内でついた「倍満の貴公子」の異名を体現させるかのように4000-8000を成就。しかしなかなかトップ奪取にはいたらず、3戦を終えて2着、2着、3着という結果に。

最終戦は全員がトップ縛りという超がつくほどの接戦となり、オーラスでは森田朝日と一騎打ちの様相を呈する。互いにテンパイが入った熾烈なめくり合いの軍配は森田に上がり、田口はプロを相手に大健闘を見せたものの、トータル2着という結果に終わった。

【コメント】

田口「(悔しいのが)表情に出ていましたよね? 対局が終わった後に山を見たら、次にツモっていました(笑)。あそこまで点数を縮めてオーラスに行けたことが良くて、しっかり諦めないで降りるところはちゃんと降りていたので、そこは自分の中でも評価していいのかなと思っています。今日はトップを取っていないですからね。悔しいですね。ここまで最終着順が4位になっていないことはうれしいことですけど、でもやっぱり1位が獲りたいですね。次はリベンジしたいのでがんばりたいです。本当に悔しい」

第五戦は9月17日(金)14時よりニコニコ生放送「麻雀スリアロチャンネル」、Youtube「麻雀プロ団体LIVEチャンネル」にて生放送予定

【試合結果】

1位:森田朝日(日本プロ麻雀協会)
2位:田口淳之介(タレント)
3位:山田独歩(最高位戦日本プロ麻雀協会)
4位:木原浩一(日本プロ麻雀協会)

【大会概要】

俳優・歌手活動など、多方面でマルチな活躍を見せるタレント・田口淳之介。若い女性を中心に多くのファンから支持される彼の意外な趣味、それが麻雀だ。

本企画では、定期的にネット麻雀のライブ配信を行なうなど、麻雀愛にあふれる彼のリアル対局が実現!

精鋭プロ雀士たちを相手取り、田口淳之介がガチンコバトルを繰り広げる!

炎の連戦をくぐり抜けた暁に待つものとは?
勇敢か、無謀か――。
田口淳之介の挑戦の結末は!?

【試合名】 【麻雀】田口淳之介 炎の七番勝負~第四戦~
【開催日】 2021年8月30日
【開催場所】 東京都・スリアロβスタジオ
【対局者】
田口淳之介(タレント)
森田朝日(日本プロ麻雀協会)
山田独歩(最高位戦日本プロ麻雀協会)
木原浩一(日本プロ麻雀協会)

【実況】安達瑠理華(最高位戦日本プロ麻雀協会)
【解説】小林剛(麻将連合/U-NEXT Pirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!