「eMAH-JONG 麻雀格闘倶楽部 プロトーナメント」記者発表会、中田花奈プロ・コメント

10月27日に開催が発表された「eMAH-JONG 麻雀格闘倶楽部 プロトーナメント」。eスポーツとして麻雀の腕を競う大会であり、麻雀の新たな裾野が広がる取り組みとして注目されている。今年日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士になった元乃木坂46・中田花奈プロは、ネット麻雀から麻雀の魅力にハマっていった一人であり、今回はエキシビションマッチに参加。記者発表会終了後の中田プロに、お話を伺った。

-特別筐体での対局はいかがでしたか。

豪華さが見てすぐ分かりますし、アプリとかでやる以上にワクワクする感じがあります。実機でやるのは楽しいですね。

-ネット麻雀は日本全国のファンと対戦できます。麻雀プロになられて、感覚が違ってきたところはありますか。

ネット麻雀は気軽に楽しめますし、私も麻雀が分からないところから、ネット麻雀で覚えていきました。ツモ切りなどをちゃんと表示してくれるとか、リアルと変わらない要素を全部見せてくれているんだなというのは、プロとして麻雀をやるようになって、改めて気付いたところでもあります。ネット麻雀ってすごいなというのを改めて思いました。

-麻雀格闘倶楽部ですと、プロの方と対戦しているのがファンの方には分かります。対戦すると、ファンの方も喜ばれると思います。

私のプチプロ(麻雀プロをデフォルメしたキャラクター)を設定してくれているとか、私のファンなんだと分かるような要素がいろいろあるので、そういう方と対戦したときとか、卓の全員が私のファンだと分かるようなときはとてもうれしいです。

-ゲームとして楽しむ方からプロトーナメントを目指そうという方まで、麻雀格闘倶楽部にはたくさんのユーザーがいます。そうした方にメッセージをいただけますか。

プロという言葉はすごいものだと思いますし、私も麻雀プロになって麻雀への意欲はすごく増していますけど、今回の企画はそれ以上に、気軽にプロというものを味わえる機会になるかもしれません。麻雀のプロが麻雀に懸けている意欲をここでみなさんにも感じていただければと思いますし、より一層、みなさんに麻雀ガチ勢になってほしいと思います。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!