最高位戦日本プロ麻雀協会・金子正輝プロが活動再開

病気療養中だった最高位戦日本プロ麻雀協会・金子正輝プロが、セガNET麻雀「MJ」でプロ活動を再開することが発表された。

金子プロは40年以上にわたるプロ活動の中で多くのタイトルを獲得、そして数々の名対局・名場面を作りあげてきた、最高位戦日本プロ麻雀協会のレジェンド。近年では2019年の麻雀最強戦ファイナルで決勝まで進出。最終局面で、ネクタイを噛みながら長考していた姿を覚えている方も、多いのではないだろうか。

その後、2020年7月に病気療養による自団体のリーグ戦休場を発表。長い闘病生活の末、ネット麻雀から復帰することとなった。まずは体を慣らしつつ、早く健康を取り戻し、実際の対局にも復帰される日が来ることを期待したい。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!