日本プロ麻雀協会がVTuberを対象としたプロテストを実施することを発表

日本プロ麻雀協会が、2023年2月にVTuberを対象としたプロテストの実施を発表した。主要5団体としては、VTuberを正式に対象としたプロテストは初めての試みとなる。

今回は受験資格として、チャンネル登録者数の基準や変声機を使用していないことなどが明記されている。

【受験資格】

・当協会の目的と義務を遂行し、麻雀界の発展に貢献する意欲のある方。
・「YouTube」チャンネル登録者数が1,000人以上かつ収益化申請を行っている方。
・Vtuberとしての活動に対し変声機を使用していない方。

現在では、多くのVTuberが麻雀配信などの活動を行い、麻雀の楽しさをより広めている。彼らが正式にプロ団体に所属することによって、どのような形で麻雀界が発展していくのか、非常に興味深い取り組みとなりそうだ。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!