日本プロ麻雀連盟・鳳凰位決定戦で佐々木寿人が優勝、3度目の鳳凰位に

2月3日、日本プロ麻雀連盟の頂点を決める鳳凰位決定戦の最終日が行われ、佐々木寿人が優勝、3度目の鳳凰位となった。

4日間16半荘で行われる鳳凰位決定戦は、初日は鳳凰位のHIRO柴田がリードを築くも、寿人は2日目以降にトップを量産し、猛追。14回戦でついに逆転。そのままトップで最終戦まで闘い抜いて優勝を果たした。

寿人はこれで、直近4年で3度目の鳳凰位に。名実共に団体の頂点となり、今後のさらなる活躍に期待がかかる。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/