鈴木たろう、7戦ぶりの勝利!! なるかドリブンズ、反撃の狼煙!!

鈴木たろう、
7戦ぶりの勝利!!
なるかドリブンズ、
反撃の狼煙!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の64日目第1戦は、鈴木たろう赤坂ドリブンズ)がトップを獲得。鈴木は自身7戦ぶりのトップ。チームはセミファイナルのボーダーまで、400ポイントあまりとなった。

1回戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠KONAMI麻雀格闘倶楽部藤崎智渋谷ABEMAS日向藍子、そして鈴木。

東1局、ポン・チーと仕掛けた南家の鈴木。親の沢崎から・ドラ1・赤1の3900を討ち取ると、次局の親番で鈴木はリーチ・ピンフ・赤1・ウラ1のマンガンを藤崎からアガッて、トップ目に立つ。

そのまま鈴木トップで迎えた、南2局の親番。鈴木はリーチ・ツモ・ピンフ・赤1の2600オールを加点し、頭一つ抜けたトップになる。

他三者の横一線状態で迎えたオーラス。藤崎が沢崎にタンヤオ・ドラ1・赤1の3900を放銃して、沢崎2着・日向3着で試合終了。

鈴木が7戦ぶりのトップを獲得。そして藤崎が15戦目にして、初の4位に沈んだ。

勝利者インタビューで鈴木は「まだまだですが、これがきっかけになればいいと思っています。(チームの心境は)悔しい、でいっぱいです。ただ焦っても何も出来ないんですよ。だから、いつも自分が正しいと思っている選択をやり続けるしかないんですと語った。

【Result】
1着 鈴木たろう・ドリブンズ 3万9700点/+59.7
2着 沢崎誠サクラナイツ 2万5700点/+5.7
3着 日向藍子・ABEMAS 1万9800点/▲20.2
4着 藤崎智麻雀格闘倶楽部 1万4800点/▲45.2

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +320.6(64/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +281.3(63/90)
3位 TEAM雷電 +133.0(64/90)
4位 U-NEXT Pirates ▲10.6(64/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲17.8(63/90)
6位 渋谷ABEMAS ▲60.7(63/90)
7位 EX風林火山 ▲168.0(64/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲477.8(63/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

1月24日の対戦は
ドリブンズ vs サクラナイツ vs 麻雀格闘倶楽部 vs ABEMAS

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
実況:松嶋桃
解説:滝沢和典
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券 Mリーグ2019 赤坂ドリブンズ vs KADOKAWAサクラナイツ vs KONAMI麻雀格闘倶楽部 vs 渋谷ABEMAS

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!