第3回姫ロン杯「麻雀ブル エンプレストーナメント」混迷の末の優勝は柚花ゆうりの2連覇!!





第3回姫ロン杯、その3番目の予選大会となる「麻雀ブル エンプレストーナメント」の決勝戦が、3月31日に開催された。
予選を勝ち上がったのは、西山あみ(日本プロ麻雀連盟)、上野あいみ(日本プロ麻雀協会)、都美(日本プロ麻雀協会)の3名。そして前回の覇者である柚花ゆうり(日本プロ麻雀協会)を加えた4名で、半荘2回戦の決勝戦となる。
姫ロン杯の特徴としては基本はアリアリの東南戦だが、ドラ扱いになる【赤3p】が2枚含まれることだ。また、3pをアンカンするとその時点で3000点オールの収入を得ることができる。そして10翻で3倍満、12翻で4倍満となる。
また、順位点がなく純粋な素点の合計勝負であることも特徴のひとつだ。

1回戦は、上野・柚花・西山・都美の並びでスタート。
東1局ドラはsou2-66-90-s-emb。親の上野が8巡目にテンパイを入れる。

sou8-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou8-66-90-s-embpin1-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin6-66-90-s-embji4-66-90-s-embji4-66-90-s-embji4-66-90-s-emb
pin3-66-90-s-embは赤牌)
ツモリ三暗刻だが、上野はヤミテンを選択する。pin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embのシャンポン待ちはこの時点でヤマにはいない。
そして9巡目に西山がテンパイを入れ、3面待ちにつき即リーチに出る。

pin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin9-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embman6-66-90-s-embman6-66-90-s-embman6-66-90-s-emb

一発目に自身のアンコ筋のsou5-66-90-s-embを押した上野は、次巡にpin7-66-90-s-embを引入れてji4-66-90-s-emb切り追いかけリーチ。
これに西山が一発でpin4-66-90-s-embを掴み、7700の放銃となった。
上野が先制リーチをかけていれば、西山の放銃はなかっただけに、西山にとって痛い局となった。

そしてその後、この局が今日の西山を暗示していたかのような展開となる。

1本場の上野の5巡目リーチは流局し、2本場に都美が先制する。

pin1-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-embman2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embji7-66-90-s-embpin3-66-90-s-embは赤牌)

一枚切れのji7-66-90-s-emb単騎待ち。これに西山が自然に押し出される形で刺さってしまい2600の放銃。

東2局、親の柚花が一つ仕掛けて8巡目にホンイツのテンパイ。

pin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin8-66-90-s-embji5-66-90-s-embji5-66-90-s-embji5-66-90-s-emb ポンpin1-66-90-s-embpin1-66-90-s-embpin1-66-90-s-emb ドラji3-66-90-s-emb

しかしピンズは全員に警戒されており、上野が西山からピンフのみをアガって親を落とす。

ここまで放銃が重なる西山は、東3局の親番で巻き返しをはかりたいところ。
ダブji1-66-90-s-embをポンして、7巡目に待望の先制テンパイを入れる。

man4-66-90-s-embman5-66-90-s-embman6-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou8-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin6-66-90-s-embポンji1-66-90-s-embji1-66-90-s-embji1-66-90-s-emb ドラsou3-66-90-s-emb

これに北家の柚花がリーチをかぶせてくる。

man5-66-90-s-embman6-66-90-s-embman7-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou9-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin9-66-90-s-emb

待ち牌の枚数は同程度だったのだが、柚花がpin6-66-90-s-embをツモアガり西山がマンガンの親かぶりとなってしまった。

その後流局が続き、場が動いたのは東4局3本場。
粘って親番を維持してきた都美だったが、南家の上野がji2-66-90-s-embをポンして親を落としにかかる。
さらに柚花が5巡目に高目タンヤオピンフでリーチ。

man2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embman5-66-90-s-embman5-66-90-s-embman6-66-90-s-embman7-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-emb ドラman8-66-90-s-emb
これに都美が一発でpin9-66-90-s-embを放銃し、ついに親が落ちてしまった。

南入した時点で、39,800点の柚花がトップ。
そして2位の上野が30,700点、3位の都美が26,400点、4位の西山が3,100点と1人水をあけられている。

南1局の柚花のドラ単騎チートイツのリーチは流局し、同1本場。
親番を死守した上野が6巡目リーチをツモり、柚花をまくりトップ目に立つ。

pin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin9-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embji1-66-90-s-embji1-66-90-s-emb ツモpin5-66-90-s-emb ドラpin7-66-90-s-emb

そして西山に南場の親がやってきた。

現状ハコ下の西山。是が非でもこの親番を活かしたいところ。
そして手牌が応えるかのように先制テンパイが入る。

pin2-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin9-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embman6-66-90-s-embman7-66-90-s-embman8-66-90-s-embman9-66-90-s-emb ドラpin8-66-90-s-emb

これを即リーチし、山に1枚のみだったpin7-66-90-s-embをツモってウラドラがpin9-66-90-s-emb。4,000オールで息を吹き返す。
同2本場、西山引き続き6巡目先制リーチをツモアガリ。

pin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embman5-66-90-s-embman5-66-90-s-embman6-66-90-s-embman7-66-90-s-embsou1-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou7-66-90-s-emb ツモman5-66-90-s-emb ドラpin9-66-90-s-emb ウラpin3-66-90-s-emb
この形で高目のman5-66-90-s-embを18巡目にツモり、4,000オールの連続アガリ。
これで西山は3位に浮上し、勝負はまったくわからなくなる。

3本場、西山は上野と柚花の2軒リーチに挟まれてしまう。なんとかフリテンの形ながらテンパイにこぎつける。

man4-66-90-s-embman4-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embman6-66-90-s-embman7-66-90-s-embman8-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou8-66-90-s-emb ドラman7-66-90-s-emb

都美のチーで西山に流れてきた牌はji5-66-90-s-emb。これは自分で切っている1枚が見えているだけ。西山がこれをツモ切ると、柚花の手牌が倒される。

man5-66-90-s-embman5-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin6-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou6-66-90-s-embji3-66-90-s-embji3-66-90-s-embji7-66-90-s-embji7-66-90-s-embji5-66-90-s-embドラman7-66-90-s-emb ウラji7-66-90-s-embpin3-66-90-s-embは赤牌が2枚)

ハネマンのアガリで柚花がトップに立つ。

現状3位の都美も黙ってはいない。オーラスの親番で、負けじと連続4,000オールのツモアガリを見せる。

sou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou9-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-emb リーチツモsou7-66-90-s-emb ドラsou4-66-90-s-embpin3-66-90-s-embは赤牌)

pin1-66-90-s-embpin2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou9-66-90-s-embsou9-66-90-s-emb リーチツモpin3-66-90-s-emb ドラpin2-66-90-s-emb ウラpin2-66-90-s-emb

2本場ではトップ目の上野から3,900を直撃、3本場では上野からさらに5,800を直撃して、なんと都美がトップに立つ。
4本場、西山がドラのman8-66-90-s-embをアンコにして3フーロ。
man8-66-90-s-embman8-66-90-s-embman8-66-90-s-embsou3-66-90-s-emb ポンsou8-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou8-66-90-s-emb ポンman2-66-90-s-embman2-66-90-s-embman2-66-90-s-emb ポンman6-66-90-s-embman6-66-90-s-embman6-66-90-s-emb
ハネマンのテンパイ。
そして3着に落とされた上野も、大物手を作る。

pin3-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin7-66-90-s-embji1-66-90-s-embji1-66-90-s-embji1-66-90-s-embji6-66-90-s-embji6-66-90-s-emb ポンpin9-66-90-s-embpin9-66-90-s-embpin9-66-90-s-embpin3-66-90-s-embは赤牌が2枚)

手詰まった都美sou3-66-90-s-embを打ちハネマンの放銃となり、柚花が1回戦目トップで終えた。

(1回戦結果)
1位:柚花 37,300
2位:都美 32,600
3位:上野 17,700
4位:西山 12,400

2回戦は並びは変わらず、起家も再び上野からスタート。
東1局、ドラはsou4-66-90-s-emb。上野に5巡目にこのテンパイが入る。

sou3-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin6-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embman6-66-90-s-embman8-66-90-s-emb

西山からこのman7-66-90-s-embが出るが、なんと上野これを見逃し!
次巡、man2-66-90-s-embを引入れ3メンチャンでリーチ。見事man7-66-90-s-embをツモり6,000オール!

これによって上野は総合トップに躍り出た。
ラス目の西山からマンガンを直撃してもトップとの差は12,000しか縮まらないが、ハネツモによって24,000詰めることに成功した。

しかし、他のメンツも易々とリードを許してはくれない。
次局、柚花が先制リーチで親の上野を降ろし、迎えた親番でタンヤオ・ドラ3の親マンガンをツモアガリ。これで再び柚花が総合トップに。

さらに東4局7本場、柚花はドラのman5-66-90-s-embをポンしてマンガンのテンパイ。

pin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou6-66-90-s-emb ポンman5-66-90-s-embman5-66-90-s-embman5-66-90-s-emb

これをアガられれば、かなり優勝が近くなる。しかし上野にもテンパイが入る。

sou3-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embman6-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin8-66-90-s-emb

ハイテイ前にsou3-66-90-s-embをツモり1,000・2,000のアガリで柚花のマンガンを潰した。

そして南1局、ここまで不運な巡りだった西山に次の配牌が入る。
man1-66-90-s-embpin1-66-90-s-embpin9-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou9-66-90-s-embji1-66-90-s-embji2-66-90-s-embji3-66-90-s-embji4-66-90-s-embji4-66-90-s-embji5-66-90-s-embji7-66-90-s-emb ドラ5ssou5-66-90-s-emb
国士のリャンシャンテン。そして2巡目にsou1-66-90-s-embをツモり、イーシャンテンに。
この手をアガれば一気に上位に躍り出る。ji6-66-90-s-embman9-66-90-s-emb待ち。man9-66-90-s-embは山に1枚だがji6-66-90-s-embは3枚いる。
テンパイはほぼ固いかと思われたが、ji6-66-90-s-embがなかなか姿をみせない。
13巡目には親の上野からリーチが入る。
しかし、テンパイが入る前に17巡目に上野がツモアガリ。欲しかったji6-66-90-s-embはウラドラ表示牌にいた。

sou2-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou7-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embman5-66-90-s-embman6-66-90-s-embji3-66-90-s-embji3-66-90-s-emb ツモman4-66-90-s-emb ドラpin5-66-90-s-emb ウラji5-66-90-s-emb

ラスマエに上野はさらに1,300・2,600をツモり、以下の点棒状況に。

(1・2回戦の合計)
1位:柚花 66,300
2位:上野 59,200
3位:都美 49,000
4位:西山 25,500

もちろん1位が優勝なのだが、2位の選手にも姫ロン杯チャンピオンシップへの出場権が与えられるだけに、準優勝狙いという戦略もありうる。

南4局、ドラはji1-66-90-s-emb
柚花が3巡目にman8-66-90-s-embをカンチャンで仕掛ける。
man2-66-90-s-embman5-66-90-s-embman6-66-90-s-embman7-66-90-s-embsou7-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin9-66-90-s-embpin9-66-90-s-embji2-66-90-s-embji2-66-90-s-embチーman8-66-90-s-embman7-66-90-s-embman9-66-90-s-emb
ダブji2-66-90-s-embバックの前提の仕掛けだ。
そして6巡目、上野に最初のテンパイが入る。
man2-66-90-s-embman4-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embman6-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-embji6-66-90-s-embji6-66-90-s-emb ツモman3-66-90-s-embpin3-66-90-s-embは赤牌)

上野は1,600・3,200以上のツモかマンガンの出アガリが必要。このままだとツモ・ウラ頼みとなる。
上野はここからji6-66-90-s-embを切ってテンパイを崩し、トップ狙いに出る。
その後、赤pin3-66-90-s-embpin6-66-90-s-embとツモり、条件を満たすテンパイを入れる。

man2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embman6-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin6-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-emb (pin3-66-90-s-embは赤牌が2枚)

次巡、上野がツモ切ったpin6-66-90-s-embを柚花がチー。これで柚花もテンパイ。

man5-66-90-s-embman6-66-90-s-embman7-66-90-s-embpin9-66-90-s-embpin9-66-90-s-embji2-66-90-s-embji2-66-90-s-emb チーpin6-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embチーman8-66-90-s-embman7-66-90-s-embman9-66-90-s-emb

勝負はめくり合いとなった。

そして次巡、柚花が優勝を決するji2-66-90-s-embをツモアガった。

(最終結果/1・2回戦の合計)
1位:柚花 67,400
2位:上野 58,900
3位:都美 48,500
4位:西山 25,200

※非常に見所の多いこの麻雀ブル エンプレストーナメント決勝戦はコチラからご覧になれます。
AmebaFRESH!⇒ https://amebafresh.tv/himeron





  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です