多井隆晴、最速最強が遅れて登場!! 覚醒した魔王を沈めて、サクラナイツを追撃!!

多井隆晴、

最速最強が遅れて登場!!

覚醒した魔王を沈めて、

サクラナイツを追撃!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナル8日目、第2戦は多井隆晴渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。東場で大きなリードを築いた多井が、後半持ち前の守備力を発揮して逃げ切りトップ。ABEMASにセミファイナル初トップをもたらした。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢EX風林火山滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人、そして多井の4名。

東3局、ラス目で迎えた多井の親番。【發】を鳴いた多井に、佐々木が10巡目にリーチでかぶせる。【2ソウ】【5ソウ】待ちのリーチ・ドラ1。対する多井はドラ1・赤2の【3ソウ】【6ソウ】待ち。高め456サンショクのマンガンに発展。みごと佐々木から、高めの【6ソウ】を仕留めて一気にトップに躍り出る。

同1本場、13巡目に【3ソウ】【6ソウ】待ちのドラ1でリーチを放った多井。滝沢が【6ソウ】をツモ切って放銃。ウラ1の7700で、あっという間にダントツに。滝沢は2巡目にチーテンのマンガン手が入っていただけに、致し方ない。

さらに東4局3本場、佐々木のリーチを受けた多井は、イッツー・ドラ1・赤1のカン【7ソウ】待ちをヤミテンに構える。その後【6ソウ】【南】のシャンポン待ちにチェンジして、ダマテン続行。さらに2巡後に、【南】をツモアガリ。2000・4000を追加して5万点オーバーに。

点棒を持たせた多井は堅い。その後はスキを一切見せずに逃げ切りトップ。

2着には南1局の佐々木とのリーチ合戦を制した滝沢が。佐々木はオーラスに園田の【發】ドラ3の親マンガンに打ち込み、ハコ下の4着に沈んだ。

多井はインタビューで、

「自分の中で貯金が結構あったので、あまり一か八かの勝負をせずに2着3着でいいやという状況が多かったんですよね。そろそろトップがほしいなと思っていたので、今日はひさびさに燃えましたね」

と語った。

【Result】
1着 多井隆晴・ABEMAS 4万2200点/+62.2
2着 滝沢和典・風林火山 3万600点/+10.6
3着 園田賢・ドリブンズ 2万7900点/▲12.1
4着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 ▲700点/▲60.7

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +311.9(10/16)
2位 渋谷ABEMAS +216.2(10/16)
3位 赤坂ドリブンズ +77.7(12/16)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +0.9(12/16)
5位 EX風林火山 ▲79.9(10/16)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲196.1(10/16)
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ8日目」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ」
4月23日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
実況:松嶋桃
解説:河野直也
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!