高宮まりvs二階堂亜樹、鬼気迫るの舞姫の追い込みを凌いだベルセルクの狂気【Mリーグ2020セミファイナル観戦記4/23】担当記者:masasio

高宮まりvs二階堂亜樹、

鬼気迫るの舞姫の

追い込みを凌いだ

ベルセルクの狂気

文・masasio【金曜担当ライター】2021年4月23日

朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズも早くも後半戦。

役満四暗刻が出たり、最高スコアが更新されたりと、連日華々しい戦いが繰り広げられている。

チームランキングに目を移してみると、珍しいことに各チームがほぼ100ポイントずつ離れて等間隔に並んでいる。

残り試合も少なくなってきており、下位チームは特に早いうちに上位チームとの差を詰めておきたいところだ。

4月23日 1回戦

東家 鈴木たろう赤坂ドリブンズ

南家 二階堂亜樹EX風林火山

西家 白鳥翔渋谷ABEMAS

北家 高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部

本日4月23日、第1試合の組み合わせはこちら。

2位から5位までの中位チームの対決となった。

やはり注目は、昨日の佐々木寿人の大勝で大きくポイントを伸ばした、4位麻雀格闘倶楽部と、セミファイナル敗退で選手の入れ替えを明言している、5位風林火山の直接対決だ。

チームとしても注目だが、格闘倶楽部・高宮まり、風林火山・二階堂亜樹という麻雀界を代表する人気女性選手の対決という点でも大注目の一戦だ。

 

東1局

開局から注目の2人がぶつかり合う。

まずは二階堂亜樹

タンヤオ確定リャンメンリャンメンのイーシャンテンに構えていたところ、ツモってきたのはドラの【3ピン】

【白】切り、ドラ切りなど選択肢はいろいろあるところだが、亜樹の選択は「暗カン」

カンをすると何でもかんでも“積極的”と言いがちだが、今回は親のたろうがリャンメンをチーしており、ドラの【3ピン】は切りづらい。

安全牌の【白】を残したやや守備的なカンと言えるかもしれない。

亜樹の暗カンで新ドラが2枚乗った高宮がテンパイ。

ダマテンでもマンガンあるが、ここは当然リーチ。

「仕掛けている親の捨て牌に【5マン】があるから・・・」

などと余計なことを考えずにリーチを打てるのが高宮のストロングポイントだ。

カンが入っているため、一発や裏ドラ次第では倍満も見える手だ。

 

ヤマに1枚しか残っていなかったが、力強くツモ。

裏ドラは1枚だが3000/6000のアガリで好スタートを切った。

アガってなお緊張した面持ちの高宮と、

高宮のアガリ形を見て不敵な笑みを浮かべる亜樹。

対照的なスタートとなった。

東2局

まずは白鳥がリャンメンチー

 

この仕掛けに対して、親番ながら受け気味に手を進める亜樹。

 

切りやすいソーズを切って回っていたが、そのソーズを重ねてテンパイ。

「親のリーチは魔法の言葉」

待ちは悪いがリーチに踏み切ると思われたが、亜樹の選択はダマテン

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!