競技麻雀の聖地・麻雀オクタゴン、移転リニューアルお披露目会が開催

6月24日、「競技麻雀の聖地」として麻雀ファンに親しまれている東京・渋谷の「麻雀オクタゴン」が、7月1日の移転リニューアルオープンを前に、メディア向けのお披露目会を開いた。

オクタゴンは2016年に渋谷区神南へと移転して営業を続けてきたが、この度店舗拡張に伴い、同じ渋谷区の宇田川町へと移転する。

 

 

 

新しいオクタゴンは、旧店舗の9卓から15卓プラス個室1卓の全16卓へと卓数が大幅に増加。卓はMリーグでも使用されている最新卓「REXX Ⅲ」となっており、卓の色もMリーグと同じ白で統一されている。また、サイバーエージェントの藤田晋社長からの『スポーツバーみたいなイメージ』という要望などを踏まえ、オシャレで近未来的な雰囲気がありつつ、旧来のオクタゴンにあった金網などのイメージも組み合わせた、スタイリッシュな空間となっている。

お披露目会にはオクタゴンを運営する株式会社シン・オクタゴンの武田丈宏代表取締役社長、小山剛志ゼネラルマネージャー、渋谷ABEMAS白鳥翔松本吉弘が出席。新店舗への期待や、今後の抱負などを語った。

武田丈宏代表取締役社長

「小山さんからオクタゴンの経営を引き継ぎまして約1年になります。当初から引っ越しをして新店舗でやりたいということがありました。サイバーエージェントの掲げる知的スポーツとしての麻雀、あとは我々サイバーエージェントのデジタルの受け皿にしていくようなところを体現した、素敵な店舗になっていると思います。この場を中心に、より麻雀を世に広げていければと考えております。

こちらを作るときにはもちろん藤田(藤田晋:サイバーエージェント社長)とも綿密に打ち合わせをしておりまして、麻雀普及の聖地となる場所、あとは今回モニターを配置していて、みなさんで麻雀をパブリックビューイング的に見ていただいて盛り上がれるような場所にしたいというリクエストをもらっていましたので、そうしたことをこのお店で体現しました」

小山剛志ゼネラルマネージャー

「スケルトンの状態を知っていたので、お店のドアを開けた瞬間、ビックリしました。なんだこの未来都市は、と(笑)。こだわったのは、やっぱり卓ですよね。ホワイトのREXX Ⅲ。Mリーガーのみなさんが使っていらっしゃる、これが全部そろっているところはないんじゃないですかね。お客さんやゲストの方を含め、みんなが快適に感じてもらえるのが一番なので、その辺は僕を含めスタッフ一同、常に居心地のいい店作り、お客様のご要望に沿うようなものを取り入れることは意識していきたいと思います。

みなさんには気軽に来ていただいて、なんならここを雀荘というより一つの観光名所、地方からの方とかに『ここがオクタゴンなんだ』という感じに思ってもらえる、そんな場所になったらいいなと。今まではありがたいことに『ノーレート雀荘の聖地』みたいに言われてきましたけど、それ以上の場所になってほしいと思います。あとは個室もありますので、著名人の方などに使っていただければと思います。

ただ、なんせここは家賃とかが高いので、お客さんに来ていただかないと、割と早くつぶれる可能性もあるんですよね、正直(笑)。できれば長い間維持したいと思っていますので、我々、そしてゲストのみなさん、お客様で支え合って、末永く愛される場所となることを願っております」

渋谷ABEMAS白鳥翔

「僕は見栄えがすごく重要かなと思っていて、もちろん旧オクタゴンもいいお店ですけど、写真を頼まれるときに、撮影場所に迷うことがあったんですね。ここならどこでも良い写真が撮れそうですし、特に入り口のロゴのところだと『秘密結社』みたいだなと(笑)。今までにないエンターテインメントとしての、みんなが集まれるような場所になっているんじゃないかと思います。ここで麻雀を通して、みなさんと仲良くできるような素晴らしい場所になっているな、というのが初めて来て受けた印象です。

旧オクタゴンには本当にたくさんの人に来ていただけていて、ときには2時間待ちで打てずに帰られてしまう方もいらっしゃいました。それは卓数の問題でしたがそこが解消されますし、自分もMリーグで活躍して『打ってみたい』と思われる選手になりたいと思います。それがMリーグの発展、新しいオクタゴンの発展にもなると思うので、キャラクターを押し出して、頑張っていきたいです。優勝したら渋谷中にお客さんがいるような状態になるでしょうし、この規模で2時間待ちとかになるくらいにするのが目標です。あと、女の子にたくさん来てほしいです(笑)」

渋谷ABEMAS松本吉弘

「僕はMリーグに入る前、プロになってすぐのときに、小山さんにゲストとして初めて呼んでもらったのがオクタゴンでした。小山さんや藤田さんにはお世話になりましたし、一番思い入れのあるゲスト先です。写真とかも撮りやすくてSNSとかに上げやすい、すごくカッコいい雀荘だなと思いました。お客さんも待っている間も麻雀を打つのが待ちきれない雀荘になることは間違いないと思います

いつもMリーグで使っている卓もあって、お客さんは麻雀を楽しむのももちろんですけど、さながらMリーグというか、プロと一緒に試合をして、本番と同条件みたいな状態でできれば気持ちも上がると思います。僕らとしても数少ない稽古の場

なので本番想定で打ちますし、ウチのチームが一番オクタゴンさんでのゲストやイベントが多くて、Mリーグで勝った次の日などは本当にたくさんのお客さんに来ていただけるので、いっぱい勝って、たくさんの人にきてほしいと思います。また、Mリーグが始まったことでライト層の方がものすごく増えたと思うので、もともと上級者が集まるお店というイメージはありますが、初心者の方も足を運べる、麻雀のスタートアップにつなげられるようなイベントもやりたいと思っています」

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!