眠れる大魔神の左腕 近藤誠一の選択がセガサミーを救う鍵となるか【Mリーグ2022-23観戦記10/31】担当記者:江嵜晋之介

眠れる大魔神の左腕
近藤誠一の選択が
セガサミーを救う鍵となるか

文・江嵜晋之介【月曜担当ライター】2022年10月31日

第1試合


東家:佐々木寿人(KONAMI麻雀格闘倶楽部)
南家:近藤誠一(セガサミーフェニックス)
西家:小林剛(U-NEXT Pirates)
北家:二階堂亜樹(EX風林火山)

Mリーグ2022シーズン開幕から約1ヶ月。
約30試合が消化され、チームポイントランキングにも徐々に差が生まれつつある。


好調なのはもちろんアベマズとKONAMI。
対して不調が続きマイナスが3桁まで到達してしまったのがドリブンズとフェニックスの2チームだ。

そんなフェニックスの先発を任されたのは近藤誠一


チームの大黒柱ながら今シーズンまだトップがない近藤。
近藤の躍進がチーム浮上のきっかけとなるか。

東1局
寿人・近藤・小林の三者に好配牌が入る。
4巡目のそれぞれの手牌はこちら。

寿人は親番でドラの【中】が対子のリャンシャンテン。
近藤は【發】が暗刻でソーズの混一色が見える手。
小林は愚形が残っているもののドラ1のイーシャンテン。

3巡後、小林が仕掛ける。

近藤がツモ切った【4ピン】をチーしてのカン【2ピン】待ち。
一通・ドラドラの3,900点だ。

一見普通の鳴きのように見えるが、鳴く前の牌姿を見ると、実に小林らしい仕掛けであることがわかる。


一通のイーシャンテンであるが、【6マン】【7マン】を引いて雀頭が振り変われば平和・タンヤオ・3色も狙える。高打点になるパターンの多い手牌だ。

しかし小林にとって先制テンパイの3,900点は充分すぎる打点。そして何より重要なのが【2ピン】の場況が良さだ。


親の寿人は4巡目に【2ピン】を切っており、近藤はソーズの染め手模様。亜樹も【1ピン】を早くに切っているため対子で持っていることは無さそう。掴めば全員がツモ切りそうな【2ピン】だったことも仕掛けたことの一因かもしれない。

その後、小林の目論見通りの展開となる。
寿人が切った【7ソウ】を近藤がチー。

すると小林にドラの【中】が喰い下がり、これをツモ切り。


これを寿人がすかさずポン。


【中】ドラ3、12,000点のテンパイが入るものの、

亜樹が寿人の現物【2ピン】を切って小林に放銃。
小林が3,900点の先制を決める。

この時近藤はまだリャンシャンテン。
寿人のドラポンを見てオリに回っていた。


近藤はアガリ率こそ低いものの、高打点のルートを決して逃さず勝負を決める一撃を繰り出していくスタイルで、Mリーグファンを魅了するアガりを過去何度も決めてきた。

しかし今シーズンは歯車が噛み合わず、一撃を決めることができていない。

その後も近藤にとって苦しい展開が続く。
東3局は亜樹が2巡目にリーチをかけ2,000-4,000をツモアガる。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!