滝沢和典、ドリブンズ・村上の望みを断ち切るマンガンツモ!! 麻雀格闘倶楽部は4位へ!!

滝沢和典、ドリブンズ・

村上の望みを断ち切る

マンガンツモ!!

麻雀格闘倶楽部は4位へ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕88日目、第1戦は滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。東場でチンイツのハネマン、オーラスに【發】・ドラ3のマンガンを決めた滝沢が個人9勝目、麻雀格闘倶楽部サクラナイツを抑え、4位となった。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳セガサミーフェニックス茅森早香TEAM RAIDEN / 雷電・瀬戸熊直樹、そして滝沢の4名。

東1局、北家・瀬戸熊が8巡目にリーチを宣言。赤1のカン【2ソウ】待ち。直後、親の村上にもテンパイが入る。ピンフ・赤1・高めイーペーコーだが押し出される牌は【2ソウ】。5200点でまずは瀬戸熊が制する。

東3局、親の茅森がドラのシャンポン待ちリーチをかけて、高めのドラでツモアガリ。4000オールで茅森が頭一つ抜ける。

同1本場、北家・滝沢が【7マン】ポンからしかけて赤含みのチンイツをテンパイ。茅森から親リーチが入ると、滝沢は【2マン】【5マン】のシャンポン待ちから【4マン】をチーして待ちをチェンジ。【1マン】【4マン】【7マン】【6マン】の4メンチャンに。ピンズのホンイツをテンパイしていた瀬戸熊が、【1マン】を打ち抜いて12000点。滝沢が2番手に。

南3局には、村上が茅森からリーチ・チャンタサンショク・ウラ1の12000点を直撃。オーラスは親の瀬戸熊以外の三つ巴となる。

ドラの【發】を配牌で3枚もらった滝沢がツモアガって村上を逆転。トップタイとなる9勝目を獲得。麻雀格闘倶楽部は4位に上昇した。

滝沢はインタビューで、

「(MVPについて)見えるんですけど、どうするんですかね? まぁ、言われた通りにします。それよりもセミファイナル・ファイナルと勝ち上っていきたいので、二の次です。出していただけるなら出ますと答えますけれど」

と語った。

【Result】
1着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 3万8700点/+58.7
2着 村上淳・ドリブンズ 3万700点/+10.7
3着 茅森早香・フェニックス 2万4300点/▲15.7
4着 瀬戸熊直樹・雷電 6300点/▲53.7

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +300.8(88/90)
2位 渋谷ABEMAS +289.0(88/90)
3位 セガサミーフェニックス +285.3(87/90)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +254.7(87/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ +248.0(88/90)
6位 EX風林火山 +129.7(88/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲263.5(87/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲1264.0(87/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
3月8日の対戦は赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!