これがリーグ終盤戦の緊迫!最年少Mリーガー岡田紗佳のメンタルを破壊する重圧【熱論!Mリーグ】担当記者:危険な鬼太郎

熱論!Mリーグ【Sat】

これがリーグ終盤戦の緊迫!

最年少Mリーガー岡田紗佳の

メンタルを破壊する重圧

文・危険な鬼太郎/2020年2月15日

1戦目のラスを受けてEX風林火山はいきなり窮地に立たされた。

残り13試合で6位のボーダーラインとは約470ポイントの差。いくら直接対決が何度か残っているとは言ってもきつすぎる差。

じゃあ逆転は不可能なのか?と言えばそんなことは無い。

現にドリブンズが十数試合でマイナスを300以上返済した。トップラスで約100ポイント替わるので、直接対決を念頭に置けばこの差はいくらでも挽回は可能だが…。

2回戦に出てきたのが、今期、いままで一回もラスを引いていない近藤誠一。この男からトップを奪取することは非常に難しい。

2回戦

東家 岡田紗佳サクラナイツ

南家 勝又健志EX風林火山

西家 近藤誠一セガサミーフェニックス

北家 瑞原明奈U-NEXTパイレーツ

近藤の手牌が凄く良い。

何も考えないのならば辺りを切って、マンズの3面張の部分を活かしてリーチを狙いたい所だが…。

近藤の選択はここで打。ソウズを持つことを嫌った。場にソウズが高く、さらに対面の親、岡田の捨て牌が露骨にソウズのホンイツの捨て牌。

「ソウズでテンパイしても山には薄い…。しかもを引っ張ってしまうと岡田の当たり牌になるかもしれない…」

と思っての打ちだと思われる。

ここでカンのテンパイを取った。近藤にとってみればこの待ちはよりもマシな待ち。リャンメン変化を待って自風の西を活かしてマンガン以上のアガリを目指したい。

これを親の岡田がで放銃。

 

西ドラ赤の5200のアガリで幕を開けた東1局。最近のMリーグの試合では近藤がアガリ倒している場面を本当によく見る。

東2局

親番の勝又がリーチを打ってツモアガリ。

リーチツモダブ赤の4000オール!昨日の不調が嘘かのようにあっさりとツモった勝又。

だが…。その勝又に追いすがるのが近藤。

東3局

まずは瑞原の先制リーチ。

速い巡目でのリャンメンリーチだったが、これにすぐ追いついたのが親の近藤。

を切れば瑞原の現物の待ちに取ることができるが、すでには自分の目から4枚も見えている弱い待ち。

さらにも切りにくい牌と来た。ならば…。

ここは切りでのシャンポン待ちでのリーチ!こっちのほうが山に残っていると読んだ。さらに瑞原は早い巡目にを切っていても若干切りやすい牌。

実際、は3枚山で、のシャンポンはなんと4枚山。この男の読みと感性は本当に恐ろしい。

近藤は当たり前かのようにをツモって1000オール!Abemaのコメント欄も大盛り上がり。近藤の麻雀は我々の思考を常に裏切る選択をしてくるので、観ていると非常に面白く、楽しい麻雀を打ってくれる。

東3局1本場

岡田の麻雀が堅く見える。

ここから打。ソウズの3面張を捨て、ピンズを2度受けだけにする選択をした。

確かには場にたくさん切られているが、自分は現在ラス目。ここはめいいっぱい手を広げる打の方がいいのではないかと思う。この狭い選択を続けてしまうと、自分の親番でしか逆転手を作れない展開になる。

結果を引き、のテンパイを逃した。フリテンのテンパイ。もちろんコレは結果論だ。

この岡田の雀風が活きる場面はよく見る。大量のリードを築いている時の岡田には安定感があるが、逆に失点している時には逆転できる雰囲気をあまり感じる事が出来ない。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!