道の途中⸺ 現れたるは“鬼姫” 担当記者 ゆうせー【Mリーグ 2023-24観戦記 12/7 二階堂瑠美 VS 白鳥翔 VS本田朋広 VS伊達朱里紗】

道の途中⸺
現れたるは“鬼姫”

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2023年12月7日

第1回戦

東家:二階堂瑠美EX風林火山
南家:白鳥翔渋谷ABEMAS
西家:本田朋広TEAM RAIDEN / 雷電)
北家:伊達朱里紗(KONAMI麻雀格闘俱楽部)

※使用したNAGA解析は、筆者がhttps://note.com/tyoko_tenhou6dan/n/nc9501b5e4c15 から購入しました。

本日一人目の主人公、

白鳥翔は、

「ダイレクトより変化を求める」

傾向が強い打ち手だ。

東1局、4巡目に、

ドラ待ちのカンチャンテンパイを、

外した。

いい打ち方だ。

真ん中のドラ待ちでは、出アガリがなかなか期待出来ない。さらに、リーチをかけてドラをツモっても、一発や裏がなければ1000-2000だ。

ここまで巡目が早いなら、タンヤオピンフに、赤かドラを絡めて、満貫クラスを狙うのがいい。

参考までに、麻雀AI『NAGA』の解析は、

テンパイ外し「一択レベル」だ。

次巡、


【赤5ソウ】を引いてフリテンリーチ。裏目だが、これでも十分というのもある。

だが、

結果は流局。

しかも、

まるっとピンズを落として回った、伊達との二人テンパイ。

伊達の食らいつく姿が、

この半荘の行く末を暗示する、そんな一局となった。

東4局。役牌を2つポンした白鳥は、

ここでも「ダイレクトより変化」を見て、

【7マン】とする。

ドラの【3マン】【5マン】の縦引き計6枚で、ソウズのリャンメンを活かす狙いだ。

また、対面にいる親の伊達が思い切った捨て方をしており、筋の【7ソウ】を残したかったのもある。

ただ、こちらは少々ひねり過ぎに思える。

ここはストレートな打【7ソウ】がいい。

【7マン】を切ると失われる【6マン】の受け4枚は、「メンツが出来てテンパイする」受け入れだ。しかも、チーすることも出来る。

3900点の手にはなるが、この僅差で中打点のアガリなら悪くない。また、早くテンパイすれば、多くアガリ抽選が受けられるのだから、役アリのイーシャンテンを広くすることはとても大事なことだ。

対して、打【7マン】時の【3マン】【5マン】縦引き6枚は「イーシャンテンの形がよくなる、または打点が上がる」受けなので、そもそも「受け入れの質」が違うのである。仕掛けも含めて、ここは「テンパイする受け」を多くする方がいいだろう。

また、【3マン】【5マン】縦引きは、【7ソウ】を切った場合においてもある程度形がよくなるので、完全な裏目とはいえない。

さらに、【7ソウ】はスジなだけで、伊達に通っているわけではないので、ここは打【7ソウ】がいいだろう。

ちなみに、NAGAは、

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/